ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「節電と生活時間」調査
調査概要この調査の目次へ

節電の優先度は
「動く歩道」
「ネオン・広告灯」
「ライトアップ」
「ナイター照明」


Q

街の施設で、節電のために稼働を停止したり、稼働時間を制限しても止むを得ないとお考えのものはどれですか?下記選択肢から3つ以内でお選び下さい。

節電の優先度は
「動く歩道」「ネオン・広告灯」「ライトアップ」「ナイター照明」

(%)(複数回答)

項目 全体 首都圏 近畿圏
1 動く歩道 64.8 60.5 69.0
2 ネオンや店舗の広告灯 60.5 61.0 60.0
3 ランドマークのライトアップ 46.8 46.0 47.5
4 野球場・サッカー場等のナイター照明 43.0 48.5 37.5
5 自動販売機 27.8 24.5 31.0
6 商業施設のエスカレーター 16.5 17.0 16.0
7 商業施設の店内照明 9.5 10.0 9.0
8 商業施設のエレベーター 6.8 8.0 5.5
9 駅ホームの照明 3.5 4.0 3.0
10 駅構内の照明 3.0 4.0 2.0
11 商業施設の空調 2.8 2.5 3.0
12 電車の空調 2.8 4.0 1.5
13 地下道や駅の表示板 2.5 2.0 3.0
14 街灯 1.8 2.0 1.5

稼働停止や時間制限をしても止むを得ない街の施設は、「動く歩道」が全体の64.8%で最多。次いで、「ネオンや店舗の広告灯」(60.5%)、「ランドマークのライトアップ」(46.8%)、「野球場・サッカー場等のナイター照明」(43.0%)、「自動販売機」(27.8%)の順で、トップ4は4割強がやむを得ないと考えています。
逆に節電して欲しくない施設は、「街灯」(1.8%)、「地下道や駅の表示板」(2.5%)、「電車の空調」(2.8%)、「商業施設の空調」(2.8%)、「駅構内の照明」(3.0%)です。
首都圏・近畿圏で比較すると、首都圏では「野球場・サッカー場等のナイター照明」、近畿圏では「動く歩道」が比較的高くなっています。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ