ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
30年の推移で見る「ビジネスマンの生活時間」調査
調査概要この調査の目次へ

全項目で10年前より短縮、とくに通勤、勤務時間は、30年前の数値に


Q

あなたの必要時間について教えてください

ビジネスマンの必要時間(睡眠、食事、身だしなみ、通勤、勤務)は、全項目において10年前より短くなっています。睡眠時間は30年間減少傾向が継続、2000年までは増えていた通勤、勤務時間も今年は減少に転じ、1980年数値まで戻りました。

1

下記について、あなたの1日の所要時間は平均どのくらいですか?

全項目で10年前より短縮、とくに通勤、勤務時間は、30年前の数値に

平日の平均時間
  2010年 2000年 1990年 1980年
睡眠時間 6時間02分 6時間08分 6時間26分 7時間01分
食事時間 1時間09分 1時間25分 1時間22分 1時間24分
身だしなみの時間 21分 26分 14分 13分
通勤時間(往復) 1時間24分 2時間03分 1時間56分 1時間43分
勤務時間 8時間39分 9時間30分 9時間13分 8時間36分
休日の平均時間
  2010年 2000年 1990年 1980年
睡眠時間 7時間08分 7時間57分 8時間13分 8時間36分
食事時間 1時間22分 1時間47分 1時間44分 1時間40分
身だしなみの時間 19分 24分 11分 11分

ビジネスマンの生活に欠くことのできない睡眠・通勤などの必要時間は、全5項目で平均時間が10年前よりも短くなっています。

特に「通勤時間」(39分減)、「勤務時間」(51分減)は顕著で、バブル前の1980年数値に戻っています。2000年までは上昇傾向にあったもので、この10年間の働く環境が大きく変化していることがうかがえます。通勤地獄からの解放が進む一方で、不況による時短などの影響が出ていると思われます。ちなみに「通勤時間」を首都圏だけのサンプル(161人)で見ても、1時間46分と1980年の数値に近くなっています。1990年、2000年は、住と職が離れる傾向にありましたが、再び接近してきているようです。

「睡眠時間」は、平日休日ともに30年連続で減少傾向です。自由に使えるプライベート時間を増やしたいために、睡眠や食事時間が犠牲になっているのでしょうか。

「食事時間」は、10年前まで増減がほとんどありませんでしたが、今回は平日では2000年の平均時間より16分減、休日は25分減となりました。

2

あなたの場合10年後の2020年には現在より増えるとお考えですか、減るとお考えですか?

10年後睡眠・食事の時間は増え、通勤・勤務時間は短縮か?

(%)

    2010年 2000年
睡眠時間 増える 25.5 20.6
減る 11.3 12.1
変わらない 63.3 67.3
無回答
食事時間 増える 21.5 24.8
減る 3.5 4.8
変わらない 75.0 70.3
無回答
身だしなみの時間 増える 7.3 8.8
減る 7.8 7.0
変わらない 85.0 83.9
無回答 0.3
通勤時間(往復) 増える 19.0 15.8
減る 22.8 28.5
変わらない 58.3 53.3
無回答 2.4
勤務時間 増える 16.5 23.9
減る 29.3 38.5
変わらない 54.3 36.1
無回答 1.5

必要時間が10年後の2020年にはどうなっているかを予想してもらいました。

「睡眠時間」と「食事時間」は、“増える”>“減る”、「通勤時間」と「勤務時間」は“減る”>“増える”結果となりました。睡眠、食事の時間が増えることは願望でもあるでしょうし、通勤・勤務環境はより時間減との認識のようです。

2000年の同様の質問でも、睡眠と食事の時間は“増える”>“減る”でしたが、今年の必要時間調査結果では逆に減少していますので、今回も期待に終わるかもしれません。

この調査の目次へ次の調査へ