ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
『地球環境と時間』アンケート結果
調査概要この調査の目次へ

『ドライブ時間』と『ケータイ時間』は短縮無理、
『パソコン』、『テレビ』、『冷暖房』、『照明』は1時間ほどなら。


Q

環境のために短縮可能な生活時間は?

『ドライブ時間』と『ケータイ時間』は短縮無理、
『パソコン』、『テレビ』、『冷暖房』、『照明』は1時間ほどなら。

よりエコロジーな生活を送るために、日常生活の下記の事柄について、あなたは1日にどの程度時間短縮することができそうですか。それぞれの項目について下記の時間の中から最も近いものをお答えください。

(単位:%)
  短縮できない 10分 20分 30分 45分 1時間 1.5時間 2時間 3時間 5時間
部屋照明点灯時間 14.3 6.7 5.3 23.0 2.0 33.5 2.2 7.8 4.0 1.2
暖房時間 19.0 5.0 4.0 13.5 2.2 34.8 2.2 12.5 4.0 2.8
冷房時間 22.0 4.0 3.7 15.0 1.5 31.8 1.3 12.2 4.0 4.5
テレビ視聴時間 23.0 3.0 3.2 18.5 1.3 34.0 3.0 7.8 3.5 2.7
パソコン時間 32.3 4.7 7.0 19.7 2.0 25.3 3.0 3.8 1.5 0.7
調理時間 52.5 18.5 8.0 15.5 1.3 4.0 0.0 0.2 0.0 0.0
入浴時間 53.3 34.2 4.5 4.8 0.7 2.5 0.0 0.0 0.0 0.0
ケータイ時間 56.5 18.0 6.8 8.8 1.5 6.5 0.5 0.7 0.0 0.7
ドライブ時間
(休日)
56.5 4.0 3.8 13.7 1.0 12.8 1.7 4.0 1.0 1.5

半数以上が短縮可能としたのが『部屋照明』、『暖房』、『冷房』、『テレビ』、『パソコン』で、いずれも中心帯は1時間です。逆に短縮できないという人が多かったのは、『ドライブ』、『ケータイ』、『入浴』、『調理』で、可能と答えた人でさえ、『ドライブ』30分、『ケータイ』、『入浴』、『調理』は各10分が中心です。『ドライブ』と『ケータイ』は現代人の生活の中に完全に入り込んでいるようで、特に20代では『ドライブ』は60.0%、『ケータイ』は62.0%が短縮できないと答えており、他世代よりも高くなっています。

<ドライブ時間>(単位:%)
  短縮できない
20代 60.0
30代 55.0
40代 57.0
50代以上 54.0
<ケータイ時間>(単位:%)
  短縮できない
20代 62.0
30代 51.0
40代 57.0
50代以上 56.0

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ