ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

「親子のふれあい時間」 アンケート

調査概要この調査の目次へ

はじめに

シチズンホールディングス株式会社(社長:梅原誠、本社:西東京市)では、時の記念日(6月10日)を前に、小学生の子供を持つ共働き夫婦300組を対象に、「親子のふれあい時間」に関するアンケートを実施しました。子供は育ち盛り、親は働き盛りという中で、親子はどのように触れ合っているのでしょうか。一緒に過ごす時間、おしゃべりしている時間、生活指導や悩み相談の時間など、コミュニケーションの実態を探ってみました。

<時の記念日について>

大正9(1920)年に生活改善同盟会によって制定。“天智天皇10年4月25日に漏刻(水時計)を設置し初めて人々に時を知らせた”という『日本書紀』の記載が由来で、現在の暦では西暦671年6月10日にあたることから、この日が「時の記念日」とされた。


【調査概要】

  • 調査期間
    2007年4月12日〜4月16日
  • 調査方法
    インターネットによる調査
    (当社作成の設問シートに従って、インターネット調査会社を通じてサンプリング・集計)
  • 調査対象
    小学生の子供を持つ共働き夫婦300組(全国)
夫婦の年代(単位:人)
  30代以下 40代以上 合計
171 129 300
219 81 300
子供の学年(単位:人)
  低学年(150) 高学年(150)  
  1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 合計
男子 36 17 22 27 31 17 150
女子 29 25 21 25 20 30 150

(※本調査は、小学生が二人以上いる場合は、年長のお子様とのケースで回答をいただいております。)

前のページへ戻るこの調査の目次へ