ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

ビジネスパーソンの「時感」アンケート

調査概要この調査の目次へ

はじめに

“時”に関する日常語には、どのくらいの時間や時刻を指すのか、人によって捉え方、感じ方の異なる曖昧な言葉が種々あります。それらの言葉について、人びとはどんな感覚で受け止めているのでしょうか。
シチズン時計株式会社(社長:梅原 誠、本社:西東京市)では、時の記念日(6月10日)を前に、全国のビジネスパーソン400人を対象に、“時間感覚”についてアンケートを実施しました。

以下はその結果です。

<時の記念日について>

大正9(1920)年に生活改善同盟会によって制定。“天智天皇10年4月25日に漏刻(水時計)を設置し初めて人々に時を知らせた”という『日本書紀』の記載が由来。現在の暦では西暦671年6月 10日にあたるため、この日が「時の記念日」とされた。


【調査概要】

  • 調査期間
    2006年4月7日〜4月8日
  • 調査方法
    インターネットによる調査
    (当社作成の設問シートに従って、インターネット調査会社を通じてサンプリング・集計。)
  • 調査対象
    全国のビジネスパーソン(給与所得者)400人
内訳(単位:人)
  20代 30代 40代 50代〜 合計
男性 50 50 50 50 200
女性 50 50 50 50 200
100 100 100 100 400
前のページへ戻るこの調査の目次へ