ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
20年の推移で見る子ども(小学生)の時間感覚
調査概要この調査の目次へ

「睡眠」と「外で遊ぶ」時間が減り、「親と話しをする」時間が増える


Q

下記項目について、一日(平日)にどの位の時間を使っていますか?また希望する時間は?

「睡眠」と「外で遊ぶ」時間が減り、「親と話しをする」時間が増える

下記項目について、一日(平日)にどの位の時間を使っていますか?また希望する時間は?(平均時間)

  実際の時間 希望する時間
2001年 1981年 2001年 1981年
睡眠時間 8時間
29分
8時間
48分
9時間
14分
9時間
23分
朝食時間 26分 21分 25分 25分
通学時間 20分 19分 14分 16分
お母さんと話しをする時間 1時間
16分
53分 1時間
33分
48分
お父さんと話しをする時間 36分 28分 58分 48分
家で勉強している時間 56分 1時間
5分
58分 1時間
5分
外で遊んでいる時間 1時間
47分
2時間
11分
2時間
35分
3時間
7分
テレビを見ている時間 2時間
19分
2時間
9分
2時間
37分
2時間
37分
音楽を聴く時間 46分 23分 58分 41分
読書の時間 44分 34分 56分 55分
ゲームやメールを楽しむ時間 1時間
14分
1時間
44分

子どもたちが平日の一日、さまざまな生活行動に使う“実際の時間”と“希望する時間”の平均は上記のような結果になりました。

この中で目立つのは『睡眠時間』と『外で遊んでいる時間』の実時間が、20年前と比べそれぞれ19分と24分減っていることです。当社が1980年と2000年に行った調査では、大人の睡眠時間もこの20年間に約1時間減っています(「ビジネスマンの週間時間簿調査」より)。大人ほどではないにせよ、子どもたちも睡眠にしわ寄せが及んでいるようです。

逆に『お母さんと話しをする時間』はこの20年間で実時間が23分増え、希望時間もさらに、13分増やしたいとしています。父親との会話時間も実時間、希望時間共に約10分増えており、母親中心に親とのコミュニケーションを重視していることがうかがえます。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ