ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
20年の推移で見るビジネスマンの週間時間簿
調査概要この調査の目次へ

増え続ける身近で手軽な趣味の時間


Q

一週間の平均的時間配分は?

増え続ける身近で手軽な趣味の時間

一週間の平均的時間配分は?

一週間の平均的時間配分(複数回答)
  2000年 1990年 1980年
% 平均時間 % 平均時間 % 平均時間
1. テレビ・ラジオ・音楽を楽しむ 96.7 12時間
43分
99.7 11時間
50分
92.6 13時間
02分
2. 読書(新聞・雑誌含む) 94.5 6時間
07分
99.4 7時間
42分
96.4 8時間
42分
3. 喫茶・飲酒 82.4 6時間
07分
80.9 7時間
52分
93.6 7時間
42分
4. インターネット・Eメールに接する 74.8 6時間
14分
5. 家族との会話 73.9 7時間
21分
76.9 6時間
01分
79.4 7時間
44分
6. ショッピング 68.8 2時間
44分
73.5 2時間
14分
68.7 2時間
20分
7. その他の趣味 54.5 5時間
42分
57.2 5時間
25分
68.8 4時間
52分
8. スポーツ観戦・映画鑑賞・観劇 50.6 3時間
15分
40.0 2時間
46分
45.8 2時間
45分
9. スポーツをする 47.6 3時間
35分
71.4 2時間
51分
74.6 5時間
32分
10. 行楽・散策など 47.6 4時間
16分
64.3 3時間
46分
72.2 3時間
32分
11. 育児・洗濯など家事 40.0 3時間
45分
25.2 2時間
41分
34.3 5時間
21分
12. 子供と遊ぶ 26.7 4時間
47分
35.1 5時間
22分
58.0 4時間
43分
13. 自己啓発(資格取得・語学など) 23.9 3時間
52分
22.8 3時間
06分
31.3 3時間
34分
14. ギャンブル(競馬・パチンコなど) 19.4 4時間
23分
27.1 6時間
05分
59.3 4時間
16分
15. 趣味としての料理 18.2 2時間
17分
10.2 2時間
05分
23.4 1時間
18分
16. ボランティア・介護 5.5 4時間
42分

ビジネスマンは、必要時間以外にどんなことに時間を費やしているのでしょうか。一週間という単位で、対象の事柄とその時間(1週間の合計)を尋ねました。上表のパーセントは、各事柄を実施している人の割合で、平均時間は実施している人のみを対象に算出しました。

平均時間を見ますと、この20年間で増え続けているのは、「その他の趣味」「スポーツ観戦・映画鑑賞・観劇」「行楽・散策」「趣味としての料理」でした。趣味の多様化と同時に身近で手軽な趣味が浸透していることがわかります。

一方「読書(新聞・雑誌)」は、パソコンの普及などの影響でしょうか、減少傾向にあります。

10年前のバブル期(=90年)との比較で見ますと、「喫茶・飲酒」「子供と遊ぶ」「ギャンブル(競馬・パチンコなど)」時間が減り、「テレビ・ラジオ・音楽を楽しむ」「家族との会話」「育児・洗濯などの家事」「自己啓発」に当てる時間が増えています。外で遊ぶ時間が全体的に減ってきているとも読み取れます。

なお、今回はじめて聞いた「インターネット・Eメールに接する」「ボランティア・介護」は、それぞれ6時間14分と4時間42分でした。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ