ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
20年の推移で見るビジネスマンの週間時間簿
調査概要この調査の目次へ

「睡眠時間」は増え、「通勤・勤務時間」は減ると予想


Q

10年後の2010年は、状況が緩和される?

「睡眠時間」は増え、「通勤・勤務時間」は減ると予想

10年後は現在より増えますか、減りますか?(%)

  増える 変わらない 減る 無回答
睡眠時間 20.6 67.3 12.1
食事時間 24.8 70.3 4.8
身だしなみの時間 8.8 83.9 7.0 0.3
通勤時間(往復) 15.8 53.3 28.5 2.4
勤務時間 23.9 36.1 38.5 1.5

この質問では、10年後の2010年にはこれらの時間がどうなっているのか予想してもらいました。

「睡眠時間」は“増える”が“減る”を上回り、「通勤時間」・「勤務時間」は“減る”が“増える”を上回りました。

マイホームの都心回帰の兆しが見え始めたことや、情報通信インフラの普及による勤務環境の変化といったことが状況の緩和につながるということかもしれませんが、そうなって欲しいという願望も見え隠れします。いずれにしても今の状態は限界と思っている人が多いと言えそうです。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ