ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
20年の推移で見るビジネスマンの週間時間簿
調査概要この調査の目次へ

「睡眠時間」は約1時間減り、「通勤時間」は20分増える


Q

一日の平均的時間配分は?

「睡眠時間」は約1時間減り、「通勤時間」は20分増える

一日の平均的時間配分は?

平日の平均時間
  2000年 1990年 1980年
睡眠時間 6時間08分 6時間26分 7時間01分
食事時間 1時間25分 1時間22分 1時間24分
身だしなみの時間 26分 14分 13分
通勤時間(往復) 2時間03分 1時間56分 1時間43分
勤務時間 9時間30分 9時間13分 8時間36分
残りの時間 4時間28分 4時間49分 5時間03分
休日の平均時間
  2000年 1990年 1980年
睡眠時間 7時間57分 8時間13分 8時間36分
食事時間 1時間47分 1時間44分 1時間40分
身だしなみの時間 24分 11分 11分
残りの時間 13時間52分 13時間52分 13時間33分

1日を過ごすのに省くことのできない睡眠・通勤・食事などの“必要時間”について、この20年間の変化を見てみました。

その結果、平日の「睡眠時間」は平均で約1時間(7時間01分→6時間08分)減り、一方で「通勤時間」は20分(1時間43分→2時間03分)、「勤務時間」は約1時間(8時間36分→9時間30分)増えていることが分かりました。

「睡眠時間」は休日も減少傾向で、インターネット・携帯電話・コンビニの普及に象徴される生活環境の24時間化にともない、寝る時間にしわ寄せが来ていることがうかがえます。

「通勤時間」の増加は、この20年間の住宅地の郊外への広がりを象徴していますが、「勤務時間」がバブル期(90年)はともかく、不況下の今回の調査でも増加しているのは、リストラの影響でかえって1人当りの仕事量が増えたためでしょうか。労働時間の短縮や残業カットが叫ばれている折りから、はっきりした説明がつきかねます。

「身だしなみの時間」が今回急に増えているのも特徴的ですが、ビジネスマンもおしゃれに気を使う時代になったようです。

この調査の目次へ次の調査へ