ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
ビジネスマン・OL400人に聞く『私の“可処分時間”』
調査概要この調査の目次へ

新世紀には、可処分時間がやや増える


Q

21世紀の可処分時間は?

新世紀には、可処分時間がやや増える

21世紀の可処分時間は?

21世紀の可処分時間予測(単位:%)
  男性 女性 合計
かなり増える 6.8 5.4 6.1
少し増える 35.1 19.1 26.8
あまり変わらない 39.8 54.4 47.3
少し減る 11.0 12.7 11.9
かなり減る 6.8 8.3 7.6
無回答 0.5 0.2 0.2
合計 100.0 100.1 99.9

「労働時間の短縮と余暇時間の拡大」が言われて久しくなりますが、間近かに迫ってきた21世紀(2001年・1月1日)の可処分時間は、どうなるのでしょうか。

その時間増減を予測してもらいました。結果は、『あまり変わらない』(47.3%)が一番多くなりましたが、増減でみますと『増える』と『少し増える』を加えた“増加派”が“減少派”の2倍以上となりました。

前の調査へこの調査の目次へ