ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
ビジネスマン・OL400人に聞く『私の“可処分時間”』
調査概要この調査の目次へ

可処分時間で情報ツールとの接触


Q

可処分時間の過ごし方は?

可処分時間で情報ツールとの接触

可処分時間の過ごし方は?

可処分時間の使い方:実施中 上位4項目(単位:%)
  男性 女性 合計
情報ツールとの接触 21.9 21.9 21.9
骨休め・ゴロ寝 21.5 16.7 19.0
趣味・スポーツ 22.6 11.5 16.7
ショッピング・散策 8.1 14.3 11.3

可処分時間を現代人はどのように使っているのでしょうか。男女共に多くなったのが『情報ツールとの接触』です。

一口に情報ツールといってもテレビ(ビデオ)はもとより新聞・雑誌などの活字メディアからパソコンによるインターネットまで多種多彩です。こういった情報とのアクセスに可処分時間が使われています。

次に、『骨休め・ゴロ寝』、『趣味・スポーツ』がランクインされています。両方とも女性より男性の方が多くなっています。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ