ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

仮想時間と現実時間

調査概要この調査の目次へ

はじめに

コンピュータの画面上で仮想現実を体験するバーチャル・リアリティから発展して、バーチャルバンク、バーチャルカンパニーなど“バーチャル流行り”のこの頃です。

シチズン時計株式会社では、6月10日の時の記念日を前に「バーチャルタイム(仮想時間)とリアルタイム(現実時間)」と題した時間のイメージ調査を首都圏のビジネスマン、OLを対象に実施しました。

物語や伝説上の人物の“登場時間”や未確認物体の“出現時間”をイメージで具体的に○時という形式で記入してもらいました。同時に、自然現象や生活場面でのピークタイムが、実際に何時になるのかを「実感」と「イメージ」の両面からアプローチしました。

以下は、現代人が空想と現実の時間を豊かな感性でイメージングした結果です。


【調査概要】

  • 調査時期
    1997年4月14日〜5月6日
  • 調査方法
    質問紙による留置法
  • 調査対象
    首都圏在住のビジネスマン・OL
  • 集計方法
    性別・年代別単純平均
  • サンプル数
    345人
  • サンプル構成
  性別 年代別 合計
男性 女性 20代 30代 40代以上
実数 180 165 162 90 93 345
% 52.2 47.8 46.9 26.1 27.0 100.0

時の記念日とは

1920年(大正9年)に制定された。その由来は、日本書紀に記されている日本最古の漏刻時計(水時計の一種)が、天智天皇によって初めて使われた日とされている。

前のページへ戻るこの調査の目次へ