ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
電波時計の所有率は会社員で8%、特に50代以上では15%
調査概要この調査の目次へ

「高価」というイメージは若い年代ほど高い


Q

ウオッチに対するイメージは、「高価」か?「安価」か?

1

ウオッチに対するイメージは、「高価」か?「安価」か?

「高価」というイメージは若い年代ほど高い

ウオッチに対するイメージは、「高価」か?「安価」か?

会社員(%)
  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
高価 65.5 60.1 78.2 77.3 72.5 54.4 45.0
安価 34.5 39.9 21.8 22.7 27.5 45.6 55.0
学生(%)
  全体 男性 女性
高価 82.7 83.6 81.8
安価 17.3 16.4 18.2

会社員の65.5%がウオッチを『高価』と捉えています。
この傾向は、男性よりも女性、年代が若いほどはっきり出ていて、20代で77.3%、学生では82.7%に及んでいます。可処分所得との見合いによるものでしょうか。

2

ウオッチに対するイメージは、「貴重品」か?「日用品」か?

20代会社員や学生にとっては「貴重品」

ウオッチに対するイメージは、「貴重品」か?「日用品」か?

会社員(%)
  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
貴重品 42.8 41.3 46.2 54.6 46.4 32.2 30.0
日用品 57.3 58.7 53.8 45.4 53.6 67.8 70.0
学生(%)
  全体 男性 女性
貴重品 51.7 58.9 44.8
日用品 48.3 41.1 55.2

会社員全体では『日用品』(57.3%)が『貴重品』(42.8%)を上回りましたが、年代ではっきり差が見られます。20代では『貴重品』(54.6%)が過半数を超え、年代が上がるにつれ『日用品』の割合が高くなり、50代以上では7割に達しています。
学生も『貴重品』(51.7%)と捉える人が上回りました。

3

ウオッチに対するイメージは、「一生もの」か?「消耗品感覚」か?

30代以下は「一生もの」、40代以上は「消耗品」

ウオッチに対するイメージは、「一生もの」か?「消耗品感覚」か?

会社員(%)
  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
一生もの 53.5 49.8 62.2 72.2 55.6 38.9 40.0
消耗品 46.5 50.2 37.8 27.8 44.4 61.1 60.0
学生(%)
  全体 男性 女性
一生もの 63.3 65.1 61.7
消耗品 36.7 34.9 38.3

会社員を見ますと、『一生もの』の意識は男性(49.8%)より女性(62.2%)、また若い世代ほど強いことがわかります。特に20代は72.2%と7割を超えています。一方40代・50代以上では『消耗品』の意識が高く、6割に達しています。

4

ウオッチに対するイメージは、「実用性」か?「ファッション性」か?

20代では「ファッション」、高年令ほど「実用」

ウオッチに対するイメージは、「実用性」か?「ファッション性」か?

会社員(%)
  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
実用 63.0 67.6 52.1 46.4 64.1 68.9 78.3
ファッション 37.0 32.4 47.9 53.6 35.9 31.1 21.7
学生(%)
  全体 男性 女性
実用 44.0 44.5 43.5
ファッション 56.0 55.5 56.5

会社員は『実用』が63.0%、これに対して学生は『ファッション』が56.0%で逆転しています。
会社員の年代別でみると、20代では『ファッション』が53.6%、50代以上は『実用』が78.3%と、ここでも顕著な差が見られます。

以上(2)〜(4)までの質問を整理してみますと、20代の会社員のウオッチに対するイメージは30代以上とあきらかに異なり、「貴重品、一生もの、ファッション」と捉えていることがうかがえます。

5

ウオッチに対するイメージは、「自分で買うもの」か?「人から贈られるもの」か?

若い世代の5人にひとりは『贈られるもの』

ウオッチに対するイメージは、「自分で買うもの」か?「人から贈られるもの」か?

会社員(%)
  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
自分で買うもの 91.0 92.5 87.4 79.4 96.7 91.0 95.0
贈られるもの 9.0 7.5 12.6 20.6 3.3 8.9 5.0
学生(%)
  全体 男性 女性
自分で買うもの 82.3 87.7 77.3
贈られるもの 17.7 12.3 22.7

会社員、学生とも『自分で買うもの』という意識が一般的です。
一方『贈られるもの』という意識は、会社員の20代、女子学生で2割を超えています。

前の調査へこの調査の目次へ