ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
電波時計の所有率は会社員で8%、特に50代以上では15%
調査概要この調査の目次へ

“ほどよい”使用期間は、『2〜3年』『5年程度』『10年以上』の3極に


Q

あなたにとって1個のウオッチを使用する“ほどよい”期間はどのくらいですか?

“ほどよい”使用期間は、『2〜3年』『5年程度』『10年以上』の3極に

あなたにとって1個のウオッチを使用する“ほどよい”期間はどのくらいですか?

会社員(%)
  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
1年未満 1.8 2.5 2.1 0.7 3.3 1.7
2〜3年 28.3 26.0 33.6 29.9 26.1 28.9 30.0
5年程度 32.3 33.1 30.3 28.9 33.3 32.2 35.0
10年程度 18.3 20.3 13.4 18.6 19.0 15.6 20.0
20年以上 19.5 18.1 22.7 20.6 20.9 20.0 13.4
学生(%)
  全体 男性 女性
1年未満 3.7 4.1 3.2
2〜3年 34.3 32.2 36.4
5年未満 40.0 44.5 35.7
10年程度 10.0 7.5 12.3
20年以上 12.0 11.7 12.3

会社員は、短期の『2〜3年』(28.3%)、中期の『5年程度』(32.3%)、長期の『10年以上』(37.8%※「10年程度」+「20年以上」)に3極化しました。ウオッチと使う人の関係が多様化していることがうかがえます。
一方、学生は『5年程度』(40.0%)、『2〜3年』(34.3%)が中心です。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ