ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

「電波時計アンケート」所有率、認知率ともにアップ

調査概要この調査の目次へ

はじめに

〈日本標準時刻電波〉を自動受信して時を刻む電波時計。1999年6月に福島県の施設から正式に電波送信が始まり、2001年10月には2つ目となる送信施設が九州にも開設されたことで、日本全国で受信が可能になり、ウオッチ、クロックタイプの電波時計が各社から発売され、市場は活況を呈しています。
10年前(1993年)に電波時計を国内メーカーで最初に開発したシチズン時計(梅原 誠 社長)では、電波時計に寄せる消費者の生の声を知る目的で、首都圏在住の男女会社員を対象にアンケートを実施しました。
以下はその集計結果ですが、分析では2001年12月に実施した同様の調査との比較もおこないました。

以下はその集計結果と分析です。


【調査概要】

  • 調査対象
    首都圏在住の男女会社員350人
  • 調査期間
    2003年7月15日〜7月25日
  • 調査方法
    アンケート用紙配布による留置法
  • 有効回答数
    333人
(単位:人)
  20代 30代 40代 50代〜 合計
男性 27 63 51 31 172
女性 63 52 29 17 161
90 115 80 48 333
前のページへ戻るこの調査の目次へ