ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「電波時計認知度調査」電波時計の認知度は34.9%
調査概要この調査の目次へ

お茶の間の時計、正確にしている人は半数以下


Q

ご自宅のお茶の間の時計は、どの程度正確ですか?

お茶の間の時計、正確にしている人は半数以下

ご自宅のお茶の間の時計は、どの程度正確ですか?(%)

  全体 男性 女性
できるだけ正確にしている 45.6 46.7 44.5
意図的に進めている 27.5 25.7 29.5
意図的に遅らせている 0.6 0.7 0.7
特に時刻合わせはせずそのままにしている 26.2 27.0 25.3

意図的に進めている人の時間的内訳

自宅の標準時計とも言うべき“お茶の間”の時計について、どのくらい正確かを聞いてみました。

「出来るだけ正確にしている」(45.6%)が最も多かったのですが、半数に達していません。目につくのは、「意図的に進めている」(27.5%)、「特に時刻合わせはしない」(26.2%)で、この2つを合わせると半数を超え、「出来るだけ正確にしている」を上回るという興味深い結果になりました。

ちなみに、「意図的に進めている」人の場合、その時間は5分が最も多く(56.1%)、次いで3分(15.9%)でした。いずれにせよ、針を進めておくことによって、遅刻を防止するなど時間的余裕をつくり出そう、ということのようです。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ