ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「現代結婚指輪事情」アンケート
調査概要この調査の目次へ

結婚指輪、『着けていない』夫、『着けている』妻。


Q

現在、結婚指輪(マリッジリング)はどうされていますか。

結婚指輪、『着けていない』夫、『着けている』妻。

現在、結婚指輪(マリッジリング)はどうされていますか。(%)

  ほぼ四六時中着けている 外出時には着けるようにしている ごくたまに着けている 着けていない
男性 全体 33.1 4.7 11.8 50.3
20代 57.1 11.9 7.1 23.8
30代 43.2 4.5 22.7 29.5
40代 17.4 2.2 15.2 65.2
50代以上 13.5 0.0 0.0 86.5
女性 全体 46.5 8.1 9.9 35.5
20代 78.3 8.7 4.3 8.7
30代 56.8 9.1 13.6 20.5
40代 26.1 8.7 13.0 52.2
50代以上 19.4 5.6 8.3 66.7

では、結婚指輪交換の“その後”はどうなっているのでしょうか?

男性(夫)は『着けていない』が半数(50.3%)で、『ほぼ四六時中着けている』は3割程度(33.1%)でした。一方、女性(妻)は半数弱が『ほぼ四六時中着けている』(46.5%)で、『着けていない』(35.5%)を上回りました。“着けていない夫”“着けている妻”、という現実が浮かび上がりました。

年代別で見ると、『着けている』が多いのはやはり結婚年数の浅い20代で、男性(夫)は過半数の57.1%、女性(妻)は8割近い78.3%という数字でした。

ただ、年代が上がるにつれて『着けていない』の数字が高くなり、特に夫の40代では5人に3人強(65.2%)、50代以上では8割強(86.5%)が着けていません。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ