ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「現代結婚指輪事情」アンケート
調査概要この調査の目次へ

婚約指輪の習慣、夫は『必要ない』、妻は『必要』が優勢。


Q

婚約指輪(エンゲージリング)の習慣についてどう思いますか。

婚約指輪の習慣、夫は『必要ない』、妻は『必要』が優勢。

婚約指輪(エンゲージリング)の習慣についてどう思いますか。(%)

  必要だ 必要ない
男性 全体 45.0 55.0
20代 46.0 54.0
30代 34.0 66.0
40代 50.0 50.0
50代以上 50.0 50.0
女性 全体 51.5 48.5
20代 48.0 52.0
30代 50.0 50.0
40代 46.0 54.0
50代以上 62.0 38.0

男性(夫)は『必要ない』(55.0%)が『必要』(45.0%)を10ポイント上回り、女性(妻)は『必要』(51.5%)が『必要ない』(48.5%)を3ポイント上回る結果でした。贈る側と贈られる側の意識の差といえそうです。

男性について言えば、過半数が『必要ない』としながらも実際に贈った人が7割いるわけで、本音と建前を使い分けたということでしょうか。

年代別では、男性の30代で6割強が『必要ない』(66.0%)と他年代に比べ高い数字でした。逆に『必要』の数字が高いのは妻の50代以上で6割(62.0%)を超えました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ