ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
ビジネスパーソンの健康意識 心がけたいことは「体力の維持」
調査概要この調査の目次へ

健康状態のバロメーターは「疲労感」。女性は「肌の状態」も重要


Q

ご自分の健康状態をはかる目安はなんですか?

健康状態のバロメーターは「疲労感」。女性は「肌の状態」も重要

ご自分の健康状態をはかる目安はなんですか?(単位:% 複数回答)

  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
疲労感 69.3 64.9 73.1 68.1 69.0 78.7 57.9
食欲 31.7 38.8 25.6 23.1 30.0 39.3 44.7
肌の状態 27.2 6.7 44.9 48.4 22.0 14.8 10.5
気力 26.2 31.3 21.8 20.9 28.0 31.1 26.3
便通 21.7 25.4 18.6 16.5 20.0 21.3 39.5
肩こり 16.9 14.2 19.2 17.6 14.0 19.7 18.4
目覚め 15.5 17.9 13.5 15.4 20.0 11.5 10.5
顔色 13.8 9.0 17.9 17.6 10.0 19.7 5.3
体温 11.7 11.2 12.2 13.2 14.0 13.1
腰痛 11.4 14.9 8.3 3.3 16.0 13.1 15.8
排泄物の状態 9.3 13.4 5.8 4.4 11.0 13.1 10.5
お腹の出具合 7.9 9.7 6.4 7.7 3.0 11.5 15.8
口の中の状態 6.6 7.5 5.8 6.6 8.0 3.3 7.9
寝つき 6.2 8.2 4.5 6.6 5.0 4.9 10.5
声の調子 3.8 6.0 1.9 2.2 4.0 1.6 10.5
爪の色 1.0 1.5 0.6 1.1 5.3

では、自分の健康状態をはかるのに目安にしているものは何でしょうか。最も多かったのは『疲労感』でほぼ7割(69.3%)が回答、男女別・年代別でもトップでした。次いで『食欲』(31.7%)、『肌の状態』(27.2%)となっています。

男女ではっきり差がみられたのは『肌の状態』で、男性が6.7%に対し、女性は44.9%と半数近くが目安にしています。やはり女性は“お肌”の状態にとても敏感なようです。

年代別では、40代で『疲労感』が8割近く(78.7%)と高い数字を示しています。さらに、『気力』も31.1%と他に比べて高く、ある意味で働き盛りの年代を象徴する結果となっています。
また、50代以上は、『食欲』(44.7%)、『便通』(39.5%)の割合が他より高いのが目立ちます。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ