ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
ITと家庭生活調査結果 IT化の進展、81.9%が“幸せ”
調査概要この調査の目次へ

使用目的はメール交換と情報収集が主、他目的での利用もかなりな広がり


Q

パソコンや携帯電話で通信を行う場合、会話以外に何に使用していますか?

使用目的はメール交換と情報収集が主、他目的での利用もかなりな広がり

パソコンや携帯電話で通信を行う場合、会話以外に何に使用していますか?(単位:% 複数回答)

  全 体
n=291
20代
n=105
30代
n=120
40代〜
n=66
男性
n=144
女性
n=147
メール交換 88.7 93.3 93.3 72.7 82.6 94.6
情報収集
(検索)
80.8 81.0 84.2 74.2 80.6 81.0
物品購入
(ショッピング)
21.6 18.1 25.0 21.2 21.5 21.8
銀行取引 5.5 4.8 7.5 3.0 6.3 4.8
株・証券取引 6.2 4.8 5.0 10.6 9.0 3.4
チケット予約・購入 22.3 21.9 26.7 15.2 21.5 23.1
ホテル予約 17.2 15.2 18.3 18.2 16.7 17.7
音楽配信 7.9 11.4 8.3 1.5 2.1 13.6
使用していない 2.7 1.0 3.3 4.5 4.9 0.7

このQ4は、いずれかのIT機器を使用している人(291人)を対象に質問をしています。

パソコンや携帯電話の魅力は、その多彩な通信コンテンツにあります。そこで、何を目的に(携帯電話の場合は会話を除く)通信を行っているかについて質問してみました。

最も多かったのが『メール交換』(88.7%)、次いでインターネットを利用しての『情報収集』(80.8%)でした。この2つの利用が圧倒的に多いことがわかります。とくに女性は『メール交換』が94.6%と高い数字でした。

この他では、『チケット予約・購入』(22.3%)や『物品購入(ショッピング)』(21.6%)が2割を超え、『ホテル予約』(17.2%)も健闘しています。

その他の項目では、『銀行取引』は30代(7.5%)、『株・証券取引』は40代以上(10.6%)、『音楽配信』は20代(11.4%)での利用が進んでいるのが目につきます。

一方『使用していない』(2.7%)という人はごく僅かでした。パソコンや携帯を単にワープロ機能(文章作成)や電話機能(会話)のみに使用している人は極めて少数派と言えそうです。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ