ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
ITと家庭生活調査結果 IT化の進展、81.9%が“幸せ”
調査概要この調査の目次へ

IT消極派のほとんどが、チャンス待ち、推移見守り


Q

今後IT化の流れとどのように関わっていくおつもりですか?

IT消極派のほとんどが、チャンス待ち、推移見守り

今後IT化の流れとどのように関わっていくおつもりですか?(単位:%)

  全 体
n=50人
欲しい機器はあるので、近いうちに購入を考えている 54.0
もっと簡便な機器ができたときに考える 22.0
IT化の推移をもうしばらく見たい 20.0
今後ともかかわるつもりはない 4.0

この設問は、前問で『いずれも使用していない』と回答した人(50人)を対象に行いました。

現状では“IT消極派”ともいえる人たちですが、過半数が『欲しい機器はあるので、近いうちに購入を考えている』(54.0%=27人)と、IT派に加わる意欲を見せています。

残る46%(=23人)が保守派といえますが、調査対象全体(341人)から見ると6.7%に過ぎず、その人たちですら様子を見ているのが大半です。ITと無縁の生活はどうも難しい、と会社員達は思っているようです。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ