ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
意識調査 「世紀末のジュエリー・フィーリング」
調査概要この調査の目次へ

他人のジュエリーが気になるケース、男女で大きな差


Q

相手のジュエリーが気になるのはどんなケース?

他人のジュエリーが気になるケース、男女で大きな差

相手のジュエリーが気になるのはどんなケース?(単位:%)

  全体 男性 女性 20代 30代 40代〜 未婚 既婚
良く似合っている
場合
33.4 36.0 32.1 28.0 29.9 52.3 31.5 36.4
自分好みの品物で
ある場合
31.0 12.6 40.5 41.5 26.8 10.8 38.1 20.2
違和感を感じる
場合
20.6 35.1 13.0 15.9 22.7 29.2 17.8 24.8
高価な商品の場合 15.0 16.2 14.4 14.6 20.6 7.7 12.7 18.6

他人のジュエリーが気になるケースは、男女・年代で大きな差があるようです。

女性の場合は男性と目のつけどころがかなり違っていて、「自分好みの品物」の場合が4割(40.5%)と最も高いのが特徴です。一方男性は「違和感を感じる」(35.1%)が目につきます。

年代別では、40代以上になると「良く似合っている」が過半数(52.3%)です。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ