ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
意識調査 「世紀末のジュエリー・フィーリング」
調査概要この調査の目次へ

男性は鑑定書、女性は販売店に求める


Q

ジュエリーの信用をどこに置きますか?

男性は鑑定書、女性は販売店に求める

ジュエリーの信用をどこに置きますか?(単位:%)

  全体 男性 女性 20代 30代 40代〜 未婚 既婚
販売店 28.8 24.3 31.2 22.6 38.1 30.8 27.9 30.2
鑑定書 19.9 27.0 16.2 14.6 23.7 27.7 13.7 29.5
自分の審美眼 19.9 18.0 20.9 21.3 17.5 20.0 23.9 14.0
ブランド名 19.3 15.3 21.4 28.0 10.3 10.8 23.9 12.4
保証書 7.4 9.9 6.0 6.7 8.2 7.7 4.6 11.6
価格 3.7 4.5 3.3 5.5 1.0 3.0 4.6 2.3
無回答 0.9 0.9 0.9 1.2 1.0 1.5

偽造鑑定書が出回ったり、買い取り保証の店が倒産するなどジュエリーの信用をめぐっては、先般社会問題化しましたが、ジュエリーの信用ポイントは何なのでしょうか。

全体では「販売店」(28.8%)とする人が最も多く、次いで「鑑定書」と「自分の審美眼」(同数で19.9%)、「ブランド名」(19.3%)といったところが4大ポイントのようです。

男女比では、男性は「鑑定書」(27.0%)、女性は「販売店」(31.2%)。年代では20代が「ブランド名」(28.0%)、30代と40代以上は「販売店」(38.1%・30.8%)と違いが出ました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ