• TOP
  • ニュース
  • 工作機械のフィリピン製造拠点を拡張 -生産能力を月産80台に倍増-

工作機械のフィリピン製造拠点を拡張
-生産能力を現状の月産40台から80台に倍増-

工作機械

2018年3月30日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島 圭一)は、フィリピンにある工作機械の製造拠点拡張を決定しました。組立スペースを拡張し、生産能力を現状の月産40台から80台に倍増する予定です。来月中に着工し、竣工は2018年末、稼働開始は2019年1月を予定しています。

工作機械業界は、昨年秋頃より、出遅れ感のあった中国・アジア、米国においても受注が好調に推移する状況となり、国・地域はもちろん、さまざまな業種においても好受注が続いています。弊社も足元では過去最高レベルの受注水準が続いており、本社・北上・タイ・中国・フィリピンの各工場とも高水準での生産が続いています。好受注への対応と共に、2018年度を最終年度とする中期経営計画達成はもとより、次期中期経営計画に向けた事業拡大の基礎づくりとして、フィリピン工場の生産能力を拡大させ、安定供給体制を構築します。

フィリピンの自動旋盤組立工場を拡張 生産能力を2倍に拡大

拡張するのは、フィリピン・バタンガスにある連結子会社、CITIZEN MACHINERY Philippines INC.でミヤノブランドの自動旋盤組立工場です。ミヤノブランド機が得意とする自動車・建設機械関連の需要が世界的に旺盛で、現状は組立スペースが手狭となっていました。今回の拡張により組立スペースが広がることで、自動旋盤本体の生産能力が現状の月産40台から80台と倍増となり、ミヤノブランド機の低・中価格機の供給能力が増強されます。

さらに現在、グローバル市場では自動車・医療機器、アセアン地域では電気・精密機器、新興国では建設・住設関連などの活動が旺盛で、これらの分野についても弊社への引合・受注が拡大しています。今回の拡張は、こうした需要にも対応していくことを目的としています。

CITIZEN MACHINERY Philippines INC.は、旧ミヤノの現地子会社として1987年に設立。当初、自動旋盤の土台部分等に使用される鋳物の製造・加工を行っていましたが、2011年から自動旋盤本体の生産(※)を開始。これにより鋳物から機械加工、組立までの一貫生産を実現し、現在ではミヤノブランド機の低・中価格機種の海外主力工場となっており、東南アジアのみならず、世界中に製品を供給しています。
※フィリピンでの工作機械生産は業界で初

CITIZEN MACHINERY Philippines INC. 概要

所在地 First Philippine Industrial Park (FPIP), Lot No. 29, Barangay Ulango, Tanauan City, Batangas 4232 PHILIPPINES
構造 鉄筋コンクリート
増床面積 3,744㎡
(増床後の総延床面積:18,760㎡)
投資額 総額約5億円
着工 2018年4月
竣工 2018年12月
稼動開始 2019年1月

現CITIZEN MACHINERY Philippines INC.の外観

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部広報課
TEL 0267-32-5911(直)
シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンマシナリー株式会社