欧州(イギリス・イタリア)の営業拠点拡大

工作機械

2017年9月20日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島 圭一)は、重要拠点 の一つである欧州の売上げ拡大を目的に、イギリスとイタリアの営業拠点拡大を図ります。イギリスは来年秋に新たに営業拠点を開設し、イタリアは来春本社を拡大させます。

イギリス・バーミンガムに営業拠点を開設

Citizen Machinery UK Ltd.は、ロンドン郊外のBushey(ブッシー)に本社があり、イギリス中部のバーミンガムにサテライトオフィスを設けています。バーミンガムは、イギリス有数の工業都市であり、自動車や航空機産業などが盛んなことから小物部品加工を行う企業が多く存在し、今後の販売拡大が見込めます。しかしながら、現在のサテライトオフィスでは手狭なため、新たに土地と建物を購入、ショールームを設けた営業拠点を2018年10月に開設します。
ショールームでは、主力機種の展示はもちろんのこと、テストカットスペースを拡大させ、イギリス国内の拡販を推進。エンジニアも増員し、お客さまに対するビフォアー・アフターサービスも充実させます。
より迅速な営業活動に加えて、サービス機能も強化し、顧客対応力向上を図ります。

・所  在  地   : Jephson House, Hurst Business Park, Brierley Hill
・土 地(敷地面積) : 約4,212㎡
・建 物(延床面積) : 約955㎡
・投 資 金 額   : 約200万ポンド(約2億8000万円)
・開     設   : 2018年10月

イタリア、本社・営業拠点の拡大

Citizen Macchine Italia s.r.l.は、イタリア北部のBergamo(ベルガモ)に本社機能ならびに営業拠点を設け、営業活動に加えて、テストカットや客先仕様の対応も行っています。2016年の売上げは2013年比で倍増しており、イタリアの自動旋盤市場においてトップクラスのシェアを誇ります。また、売上げ拡大に伴い従業員も増加しており、拠点として手狭になっていました。そこで、今後の事業拡大を見据えて、本社を現状の倍の広さの場所に移転・拡大し、2018年3月より新本社での活動をスタートさせます。
新たに本社内にショールームを併設し、テストカット・客先仕様対応など、お客さまへのビフォアーサービス業務を充実させることで、増加している機械受注に迅速な対応をします。また、併せて倉庫機能も設けることにより、機械・部品の保管・運搬コストを削減、イタリアでの更なる事業拡大を図ります。

・所  在  地   : Via Marconi No.47 Comun Nuovo, Bergamo
・建 物(延床面積) : 約1,730㎡
・開     設   : 2018年3月

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部広報課
TEL 0267-32-5911(直)
シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンマシナリー株式会社