• TOP
  • ニュース
  • Frederique Constant Groupとの株式譲渡契約に合意

Frederique Constant Groupとの株式譲渡契約に合意

時計

2016年5月26日
シチズン時計株式会社

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉 敏夫 以下、シチズン)は、Frederique Constant Holding SA(本社:スイス ジュネーブ 以下、FC社)の株式を100%取得する株式譲渡契約を締結したことをお知らせいたします。

中期経営計画である「シチズングローバルプラン2018」に基づき、シチズンはマルチブランド戦略を推進し、スイスブランドの買収によるブランドポートフォリオの強化を模索してまいりました。今回の買収により、シチズンはブランドポートフォリオを更に強化し、中価格帯のみならず、高価格帯の時計まで消費者に提供できるようになります。今後は、Frederique Constant、Alpina、DeMonacoの各ブランドがシチズンに加わります。
尚、現在の経営陣および従業員は、現体制のまま引き続きブランドの発展に寄与いただきます。

シチズン時計株式会社 代表取締役社長 戸倉敏夫のコメント

私たちは、この買収によりFrederique Constantの販売拡大とともにシチズンのブランドポートフォリオが更に強化される大きなチャンスを得たと捉えております。
特に私たちが成功している日本、米国の二大市場でこれまで競合他社が先行していた高価格帯において、私たちのプレゼンスを高めることができ、さらに将来的には技術およびインフラを共有し、高い相乗効果が得られるものと期待しております。

Frederique Constant Holding SA 創業者 アレッタ&ピーター・スタース夫妻のコメント

私たちは、Frederique Constant Groupとその従業員に対する大きな責任感から、会社を守るべく、提携の可能性を探り始めました。その過程の中で私たちは、シチズングループの革新的な技術に非常に大きな感銘を受けるようになりました。今回のシチズンとの合意により、スイスと日本の時計メーカーが融合し、21世紀、さらにその先に向けたアクセシブル・ラグジュアリーな時計の開発および販売するチャンスを得たと捉えています。

Frederique Constant(フレデリック・コンスタント)の概要

Frederique Constantは、1988年に設立されました。
同社はデザイン、開発から組立に至るまで一貫して自社で行っています。2004年以降、Frederique Constantは19種類の自社キャリバーの開発、製造、組み立てを行っています。Frederique Constantの時計は、洗練されたデザイン性、高品質、精密さを特徴とした価値ある時計を適正な価格で提供することにより、これまで多くの方々にご愛用頂けたことが、成功の主要な要素となっています。

また、時計の製造においても、一つひとつ手作業で組み立てられ、最高の品質と耐久性が保証されています。創造性と卓越した価値を提案するため、同社は革新を続けています。同社の成長率は時計市場の平均を上回っており、優れた時計製造を通じて、できるだけ多くの時計愛好家に適正な価格で提供することを明確な使命としています。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズン時計株式会社
広報宣伝部
TEL 042-468-4973(直)

シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)