• TOP
  • ニュース
  • シチズンマシナリーアジアが累計出荷1万台を達成

シチズンマシナリーアジアが累計出荷1万台を達成

工作機械

2015年11月2日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島 圭一)は、タイにあるシンコムブランド製品の海外主力生産工場である、CITIZEN MACHINERY ASIA CO.,LTD.(以下、シチズンマシナリーアジア) において、NC自動旋盤『シンコムシリーズ』累計出荷1万台を達成しました。これを記念して、本日、記念式典を開催しました。

シチズンマシナリーアジアは、シンコムブランド製品初の海外工場として2001年に創業、今年で15周年を迎えました。創業当初は、ASEAN地域向けに汎用機種のAシリーズなどを中心として生産していましたが、地域要望の変化や、技術の向上により生産機種を徐々に拡大。現在では先進国での要望が高いLシリーズの生産も行う、当社の主力工場として成長し、この度NC自動旋盤累計出荷1万台を達成しました。
今後も、グローバルに生産供給できる当社主力工場として、お客様のニーズにお応えできるよう一層努めてまいります。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンマシナリー株式会社