• TOP
  • ニュース
  • 照明用LED「世界最高クラス70,000lm超の大光量LED」を開発

照明用LED「COBシリーズ」の製品ラインアップ拡充
「世界最高クラス70,000lm超の大光量LED」を開発
~大光量が必要とされる屋外照明や高天井照明に~

デバイス

2015年10月26日
シチズン電子株式会社

シチズン電子株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:郷田 義弘)は、照明用LED「COB※1シリーズ」の新製品として、世界最高クラスとなる70,000lm超の大光量を実現した「CLU550」を開発しました。
本製品は10月27日より開催される「香港インターナショナル・ライティング・フェア2015」に出展します。

製品名:照明用LED「COBシリーズ」
大光量パッケージ
開発製品:2モデル
CLU550-3626C1-XXAL7G4-B24(Ra70 min.)
CLU550-3626C1-XXM2G2-B24(Ra80 min.)
外形寸法:38.0mm × 38.0mm × 1.4mm
光量:59,209lm ~ 71,735lm ※
量産予定:2015年11月

※各カラーバリエーションのtyp.値

開発背景

近年、省エネやエコ対応の観点からLED照明が普及しており、今後は、従来、水銀灯やHIDランプを使用していた投光器やスタジアム照明をはじめとする屋外照明や高天井照明などに対応できる大光量のLEDが求められています。
今回の新製品では、ハイワットLEDの先駆者として培った高密度実装技術を極め、従来と同じスペースに、素子を45%増やした実装が可能となりました。また、当社独自のチップ・オン・アルミ工法※2により、従来製品より光量が約20%アップし、世界トップクラスの70,000lmを超える大光量を実現しました。500W相当の明るさを1つのLEDパッケージで対応可能となり、照明器具の小型化に貢献します。

主な特長

※1 COB:Chip on Boardの略称で、LED素子を基板上に直接実装した構造。

※2 チップ・オン・アルミ工法:アルミ基板に直接LED素子を実装する工法。当社特許。

「CITILED The Light Engine」とは、シチズン電子の照明用LEDのブランド名です。
CITILEDはシチズン電子株式会社の登録商標です。

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

シチズン電子株式会社
経営企画部 企画広報グループ
TEL 0555-22-9901(直)
製品に関するお問い合わせ先
シチズン電子株式会社
営業本部 ライティング営業部
TEL 03-3493-2744(直)

関連リンク

シチズン電子株式会社