• TOP
  • ニュース
  • 世界トップクラスの発光効率を実現した照明用LEDパッケージを開発

世界トップクラスの発光効率を実現した照明用LEDパッケージを開発
~電球からスタジアム照明まで対応可能な計207モデルを一斉にラインアップ~

デバイス

2015年4月23日
シチズン電子株式会社

シチズン電子株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:郷田 義弘)は、世界トップクラスの発光効率を実現した照明用LEDパッケージ「COB※1シリーズVersion4」(計207モデル)を開発しました。
5月5日よりアメリカ・ニューヨークにて開催される「LIGHTFAIR INTERNATIONAL 2015」に本製品を出展します。

製品名:照明用LEDパッケージ「COBシリーズ Version 4」
製品シリーズ:5シリーズ、13品種(カラーバリエーション含め、計207モデル)
光量:24lm~57,463lm(0.1W~526W)
用途:LED電球、ダウンライト、道路灯、投光器、スタジアム照明など
量産予定:2015年5月

開発背景と効果

当社では2011年に照明用LEDパッケージ「COBシリーズ Version1」を開発し、その後もCOBシリーズとして、性能を向上させた製品の投入を継続して行ってきました。今回、発光効率や光量といった性能を従来比最大15%向上させた「COBシリーズVersion4」をリリースします。
LED照明が市場に浸透する中、明るさや発光効率だけでなく、対象物をより美しく見せる「光の質」にこだわるなど、お客様の要望も多様化してきています。今回開発したVersion4では、13品種207モデルとラインアップを大幅に拡充することで、多様化する市場ニーズに対応していきます。

主な特長

製品の主な仕様

※1 COB : Chip on Boardの略称で、LED素子を基板上に直接実装した構造。
※2 演色性 : 光源の質が変わると、同じ物体でも異なる色で見える場合があります。この様に光源の質が色の見え方に及ぼす性質を「演色性」といいます。演色性は一般的に平均演色評価数(Ra)で表し、Raの値が100に近いほど、自然光に近く良いとされています。
※3 好ましい色味タイプ(Below B.B.L.) :照明用LEDは、色度図の中央にある曲線(黒体軌跡)上に中心を設定した白色の色度範囲を持つ事が一般的ですが、黒体軌跡を上下方向に跨ぐことで異なった色あいが存在するため、黒体軌跡の下側だけに色度範囲を設定し、色あいの統一を図った製品。

※4 ANSI C78,377規格 : アメリカ規格協会が定めたLED照明製品に関する色度範囲の規格。

「CITILED The Light Engine」とは、シチズン電子の照明用LEDのブランド名です。
CITILEDはシチズン電子株式会社の登録商標です。

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズン電子株式会社
経営企画部 企画広報グループ
TEL 0555-22-9901(直)

シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)
製品についてのお問い合わせ先
シチズン電子株式会社
営業本部 ライティング営業部
TEL 03-3493-2744(直)
inquiry@ce.citizen.co.jp

関連リンク

シチズン電子株式会社