照明用LED「COBシリーズ Version2」を開発
-光量を最大33%・発光効率を最大38%向上、20,190 lmの大光量を実現-

デバイス

2013年4月5日
シチズン電子株式会社

シチズン電子株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:郷田 義弘)は、従来品から性能向上させた5パッケージ11品種の照明用LED「COB※1 シリーズ Version2」を開発しました。
本製品は4月9日よりイタリア・ミラノで開催の「Euroluce 2013」に出展。当社ブースにて製品のデモンストレーションをご覧いただけます。

製品名:照明用LED「COBシリーズ Version2」
製品シリーズ:5パッケージ、11品種(カラーバリエーション含め、計64モデル)
量産予定:2013年5月

CITILED LED Module

CLL012シリーズ

CLL012-0305

CLL022シリーズ

CLL022-1202
CLL022-1203
CLL022-1204

CLL032シリーズ

CLL032-1205
CLL032-1206
CLL032-1208
CLL032-1212

CCLL042シリーズ

CLL042-1218
CLL042-1818

CLL052シリーズ

CLL052-1825

開発背景と効果

従来品の「COBシリーズ Version1」は、「1個のLEDから得られる光量範囲が広いこと」「発光効率による製品選択が可能」という特長があります。省エネルギー化の加速・促進といった社会要請、また大光量照明器具のLED化と言った市場動向やニーズを受け、今回の製品では素子などの部材を見直し、更なる高効率化と大光量化を実現しました。

主な特長

主な仕様

★CLL052シリーズは、Ra Min. 80タイプ2,700K、3,000K、3、500K、4,000K のみとなります。

※1 COB: Chip on Boardの略称で、LED素子を基板上に直接実装した構造。

※2 チップ・オン・アルミ工法: アルミ基板に直接LED素子を実装する工法。当社特許。

※3 ANSI C78.377規格: アメリカ規格協会が定めたLED照明製品に関する色度範囲の規格。

「CITILED The Light Engine」とは、シチズン電子の照明用LEDのブランド名です。
CITILEDはシチズン電子株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせ先
シチズン電子株式会社
営業本部 ライティング営業部 ライティング営業課
TEL 03-3493-2744(直)
MAIL inquiry@ce.citizen.co.jp
報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズン電子
照明用LEDサイト