小型・省スペース設計のBluetooth搭載プリンター
「CT-S281BT」を新発売
~スマートフォン、タブレット端末から、ラベルやレシートなどの印刷が可能~

電子機器

2012年10月23日
シチズン・システムズ株式会社

シチズンホールディングス株式会社の連結子会社であるシチズン・システムズ株式会社(本社:東京都西東京市、社長:柿島 雄)は、2インチ(58mm)用紙専用のサーマル方式(感熱式)のプリンター「CT-S281」シリーズに、Bluetooth通信機能を搭載した「CT-S281BT」を、12月下旬より販売します。
なお新製品は、10月24日から26日幕張メッセで開催される「第2回スマートフォン&モバイルEXPO【秋】」に出展します。

業務用小型プリンター「CT-S281BT」

製品名:シチズン業務用小型サーマルプリンター「CT-S281BT」
発売日:12月下旬
価格:オープン

「CT-S281」シリーズは、小型で省スペース設計、さらに自社開発の小型オートカッターを標準搭載。レシートの他にラベル紙への印刷も可能という基本仕様が好評の2インチ専用のプリンターです。2009年の発売以来、小売店舗のレシート発行、食券の発行、病院の待合札向けなど使われています。

新製品「CT-S281BT」は、従来の仕様はそのままに、据え置き型ながらBluetooth通信機能を搭載した無線対応プリンターです。
無線LAN(Wi-Fi)では環境に左右されて通信(電波)状態が不安定になるケースがあり、設定も面倒な点がありますが、「CT-S281BT」は、近距離通信Bluetooth機能を搭載することで、より安定的な通信が可能になり、スマートフォンやタブレット端末からのデータ送信が可能になりました。レシートやクーポン券の発行、キッチンでの利用など小売・物流分野はもとより、計測機器との連携や調剤薬局、医療機関など、無線を利用することで機動性や便利さを向上させる様々な分野で活用いただけます。また、複数の端末とプリンターとで共有化が可能なので、ケーブル接続の煩わしさがなく(ACアダプターは必要)、設置場所を選びません。

その他の特長としては、用紙交換が容易な「ペーパードロップイン機構」を採用し、標準搭載のオートカッターは、フルカットと一点残しカット(ラベルは不可)が選択可能。スムーズでスマートなレシート発行やラベル印刷が可能です。
Bluetooth接続の他に、USB接続でも利用でき、モバイルOS対応としてAndroid用※1 のSDKを無償で提供します。

主な特長

  • ●Bluetooth通信機能搭載(Android OS対応)
  • ●小型・省スペース設計
  • ●オートカッターを標準搭載
  • ●用紙交換が容易なペーパードロップイン機構を採用
  • ●二次元コードPDF417、QRコードを標準搭載
  • ●ユーティリティソフトで各種カスタマイズが可能
  • ●VCCI※2 クラスB取得の高信頼性
「ペーパードロップイン機構」を採用

「ペーパードロップイン機構」を採用

基本仕様

基本仕様

※1 iOSは未対応。

※2 情報処理装置等電波障害自主規制協議会(Voluntary Control Council for Information Technology Equipment)によって定められた、電子機器から発生する妨害電波に関する規格。

販売予定台数

10,000台/年間(国内販売)

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせ先

シチズン・システムズ株式会社
情報機器事業部 第一営業部
TEL 042-468-4993
受付時間 9:30~12:00、13:00~17:30
祝日・年末年始を除く月~金

報道関係の方のお問い合わせ先

シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズン・システムズ
業務用プリンター