新製品シンコム「L12 VII型」を新発売
~ベストセラー「Lシリーズ」に最大加工径φ12mmモデル登場~

工作機械

2012年10月11日
シチズンマシナリーミヤノ株式会社

シチズンマシナリーミヤノ株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:杉本 健司)は、小型精密CNC自動旋盤シンコムより、ベストセラーの「Lシリーズ」に最大加工径φ12mmモデル「L12 VII型」が登場。シンコムイノベーションシリーズ機※1 として、2013年3月から発売します。
なお新製品は、11月1日~6日、東京ビッグサイトで開催される「第26回日本国際工作機械見本市」に出展します。

主軸台移動形CNC自動旋盤 シンコム「L12VII型」

製品名:主軸台移動形CNC自動旋盤「シンコム」 「L12 VII型」
発売日:2013年3月
月産予定台数:20台

Lシリーズは、精密機器部品、医療関係部品、自動車部品など様々な業種の金属加工で汎用性のある機械として世界中で販売されており、1986年の発売以来、累計16,000台を超えるロングセラーシリーズです。そのLシリーズで初めて、小径であるφ12mmに特化した「L12 VII型」を発売。Lシリーズのラインアップを拡充して、お客様の21世紀型(高付加価値)モノづくりを支援します。

小型化、高速化、高精度にこだわって開発された「L12 VII型」は、基本軸数5軸の小型複合機です。各種スピンドルの高速化、Lシリーズの特長である水平ツールレイアウトによる使いやすいツーリングゾーンや、高速かつバリエーション豊富な回転工具により、サイクルタイムの短縮に加え、様々な加工に柔軟に対応します。
徹底的に小型化を追求した機械サイズながら、広いツーリングゾーンを確保し、小型化と操作性との両立を実現しました。
また、当社で初となる、ガイドブッシュ※2とガイドブッシュレスの切替を簡単な手順で行うことができ、残材の短縮などお客様のランニングコスト削減にも貢献します。

主な特長

主な加工ワーク

医療機器部品、自動車関連部品、油空圧機器部品及び、精密機器部品 他

主な仕様

主な仕様

※1 シチズンマシナリーミヤノの製品開発コンセプトには、さらなる高付加価値なモノづくりでビジネスを革新する「イノベーション(Innovation)」と、市場環境の変化に対応すべくコストパフォーマンスの高い「エボリューション(Evolution)」がある。

※2 ガイドブッシュ: 細長いワークを削る際に、材料がたわまないよう工具の手前で材料を支える装置。短いワークの場合はそのガイドブッシュが不要となり、ガイドブッシュとチャック間の余分な材料(残材)をなくすことができる。

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせ先

シチズンマシナリーミヤノ株式会社
シンコムカンパニー営業部
TEL 0267-32-5901(直)

報道関係の方のお問い合わせ先

シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンマシナリーミヤノ株式会社
シンコムシリーズ