ミヤノ「BNEシリーズ」新製品発売
-非切削時間を10%削減し、生産性を向上-

工作機械

2012年9月20日
シチズンマシナリーミヤノ株式会社

シチズンマシナリーミヤノ株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:杉本 健司)は、複合加工型NCバーマシンの新製品として、高剛性と高精度が特徴のミヤノBNEシリーズより、「BNE-42SY6」「BNE-51SY6」をミヤノエボリューションシリーズ機※1として、2012年10月1日発売します。
新製品は、11月1日~6日、東京ビッグサイトで開催される「第26回日本国際工作機械見本市」に出展します。

複合加工型NCバーマシンミヤノ「BNEシリーズ」新製品発売

製品名:複合加工型NCバーマシン 「BNE-42SY6」「BNE-51SY6」
発売日:2012年10月1日
月産予定台数:シリーズトータル 10台

製品は、正面と背面の同時加工ができる2スピンドル2タレットが特徴のBNEシリーズから、上部タレットにY軸を搭載し、より多彩な複合加工が可能にした「SYシリーズ」のニューモデルとなります。
機能を充実させながら価格を見直した、市場環境の変化に対応するミヤノエボリューション機として、お客様のモノづくりを支援します。

最新のNC装置による高速演算処理と、ツール交換時の軸移動指令と回転工具の位置決めを同時制御することなどで、アイドルタイム(非切削時間)を10%削減。生産性が向上しました。
前機種ではφ34mmとφ51mmだった最大加工径を、φ42mmとφ51mmに引き上げ、加工の幅が広がりました。また、2010年から進めているデザインの共通化に合わせて外観のデザインを一新し、ミヤノ機としての統一感を出しています。

加工データ入力時やメンテナンス時に作業に応じた機械情報が操作画面に表示され、分かりやすい操作性で、機械が動いていないダウンタイムの短縮に貢献します。

主な特長

主な加工ワーク

自動車関連部品 及び、油空圧機器部品 他

主な仕様

主な仕様

※1 シチズンマシナリーミヤノの製品開発コンセプトには、さらなる高付加価値なものづくりでビジネスを革新する「イノベーション(Innovation)」と、市場環境の変化に対応すべくコストパフォーマンスの高い「エボリューション(Evolution)」がある。

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせ先

シチズンマシナリーミヤノ株式会社
ミヤノカンパニー事業企画部
営業管理課
TEL 0267-32-5901

報道関係の方のお問い合わせ先

シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンマシナリーミヤノ株式会社
ミヤノシリーズ