• TOP
  • ニュース
  • イタリアから新地町へ 楽器贈呈式&記念コンサート開催

イタリアから新地町へ 音楽でつなぐ明日への希望
楽器贈呈式&記念コンサート開催

その他

2012年2月10日
シチズン時計株式会社
シチズンウオッチイタリアS.P.A.
シチズンウオッチヨーロッパG.m.b.H.

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:海野 幹夫)のグループ会社であるシチズンウオッチイタリアS.P.A.(本社:イタリア・ミラノ、社長:Dante Grossi)とシチズンウオッチヨーロッパG.m.b.H.(本社:ドイツ・ハンブルグ、社長:山本 尚)は、東日本大震災の復興支援として、同じくグループ会社のシチズン東北株式会社・相馬事業所のある福島県相馬郡新地町の小・中学校に楽器を寄贈することになり、本日、新地町立尚英中学校にて楽器贈呈式と記念コンサートを行いました。

経緯

2009年4月に発生したイタリア中部地震の際、シチズン時計はイタリアの子どもたちへの支援として、ラクイラ地方の小学校にパソコンを寄贈しました。昨年の東日本大震災発生直後、いち早くシチズンウオッチイタリアのDante(ダンテ)社長から、「恩返しに、日本の子どもたちへ国を超えた社会の温かさや夢を伝える直接的な支援がしたい」という申し出がありました。

そこで、音楽を通して、被災地の未来を担う子どもたちに明日への希望を感じてもらいたいとの思いから、シチズンウオッチイタリアとシチズンウオッチヨーロッパより新地町の小学校にマーチングドラムなど鼓笛隊用の楽器・ユニホームを、中学校にクラリネット・ホルン、ハープなど吹奏楽用楽器、学校用オルガン、アコーディオンなど音楽教育用楽器など合計453点を寄贈。贈呈式と合わせて記念コンサートを開催しました。

楽器贈呈式&記念コンサート

式典には、加藤町長、尚英中学校全生徒、福田小学校、新地小学校、駒ヶ嶺小学校の5、6年生、シチズンホールディングス(株)金森社長、シチズン時計(株)海野社長、シチズン東北(株)熊谷社長、シチズンウオッチイタリア・ダンテ社長他関係者、約500名が出席しました。

式典で、ダンテ社長から「世界中の人々が、この東北の地で起きたことを目撃しました。そして、たくさんの大切な命が奪われるという悲劇に直面してもなお、前向きに生きようとする皆さんの姿を心から賞賛しました。私がイタリアから運んできた小さな贈り物は、皆さんが今必要としているものと比べれば、本当に小さなものかもしれませんが、遠く離れた地から、いつでも忘れることなく、尊敬や感嘆の気持ちで、皆さんを見守り続けていることを、だから決して一人じゃないということを伝えることができたらと願っています。」とメッセージが送られました。楽器寄贈後の記念コンサートでは、「THE WIND WAVE」※1 の迫力ある演奏に加え、「THE WIND WAVE」から演奏指導を受けた尚英中学吹奏楽部と「情熱大陸」をジョイント演奏、出席した小・中学生を交えた「翼を下さい」の大合唱などを行いました。
新地町は、東日本大震災の津波により町の20%が浸水し、578世帯の住宅が被災、死者・行方不明者110名を超える大きな被害を受けました。今回寄贈する楽器は、未来を担う子どもたちの被災ダメージに負けない心の醸成と復興イベントなどにおける音楽を通した力強いメッセージ発信に活用される予定です。

楽器贈呈式&記念コンサート

※1 「THE WIND WAVE」とは…
2000年1月、音楽監督・波田野直彦氏を中心に、ジャズ・ラテン・クラシックなど各分野のミュージシャンで結成。小編成の吹奏楽にリズムセクションを加え、本物のエンターテイメントを追求する日本で唯一のプロフェッショナル・ポップス・ウインド・バンド。「THE WIND WAVE」は、“模範的演奏”と“その楽譜提供”、さらに“クリニック”という3本柱で小編成楽団の一つの姿を提案している。

お問い合わせ

シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)