• TOP
  • ニュース
  • 業界初!フィリピンでの工作機械本体生産開始

業界初!フィリピンでの工作機械本体生産開始
-NC自動旋盤 第1号機を出荷-

工作機械

2011年11月17日
シチズンマシナリーミヤノ株式会社

シチズンマシナリーミヤノ株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:杉本健司、以下 シチズンマシナリーミヤノ)は、フィリピンにおいて、工作機械業界では初めて※1本体生産を開始し、本日、NC自動旋盤 第1号機を出荷いたしました。

「CITIZEN MACHINERY PHILIPPINES INC.(シチズンマシナリーフィリピン)」は、1987年より旧ミヤノの現地子会社として工作機械のベッド部分となる鋳物の製造、及び加工を行っておりますが、さらなる需要拡大が期待される新興国向けの製品供給基地として、今月より、業務内容を本体生産まで拡大しております。
フィリピンでの本体生産は、工作機械業界にとっても初めての試みです。また、シチズンマシナリーフィリピンは、当社において初めての、鋳物から機械加工、組み立てまでの一貫生産が可能な工場となります。

そしてこのたび、フィリピン製のNC自動旋盤 第1号機となる「Miyano BNA-42S」が完成し、出荷する運びとなりました。本日の出荷記念式典には、フィリピン経済区庁のリリア・B・デリマ長官(2006年に旭日重光章を受章)にご臨席賜り、シチズンホールディングス株式会社社長の金森充行、シチズンマシナリーミヤノ株式会社社長の杉本健司ら関係者も列席して執り行われました。なお、フィリピンにおけるNC自動旋盤生産のパイオニア企業※2 として正式認証を申請しており、近々、取得予定となっております。

「CITIZEN MACHINERY PHILIPPINES INC.(シチズンマシナリーフィリピン)」は、本年4月のシチズンマシナリーミヤノの誕生に伴い、11月1日付けにて、「MIYANO PHILIPPINES INC.(ミヤノフィリピン)」から商号変更しております。
フィリピンでの本体生産規模としては月産50台であり、これにより今年拡張をしております中国・タイの工場に加え、マザー工場となる日本国内の2工場(軽井沢本社工場、北上工場)と合わせたシチズンマシナリーミヤノのグローバル生産体制は月産650台となります。

※1 2011年11月発表時点 当社調べ
※2 フィリピンの情報産業振興政策の一つで、フィリピンで現在まで商業生産されたことのない製品等を生産し、パイオニア企業として認められた場合、法人所得税等の優遇措置を受けられる。

会社概要

社名
CITIZEN MACHINERY PHILIPPINES INC.
所在地
1First Philippine Industrial Park (FPIP), Lot No. 29, Barangay Ulango, Tanauan City, Batangas 4232 Philippines
資本金
4億ペソ(約8億円)
代表者
高橋 保二(継続)
従業員数
約300名(2011年9月末現在)
事業内容
シチズンマシナリーミヤノ製CNC自動旋盤等の鋳物製造、及び本体製造

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

シチズンマシナリーミヤノ株式会社
市場戦略本部
TEL 0267-32-5901

関連リンク

シチズンマシナリーミヤノ