• TOP
  • ニュース
  • 一般電源(AC電源)からの直接駆動が可能なAC駆動回路内蔵型 照明用LEDモジュールを開発

一般電源(AC電源)からの直接駆動が可能な
AC駆動回路内蔵型 照明用LEDモジュールを開発
~モジュールビジネスに進出~

デバイス

2011年3月2日
シチズン時計株式会社

シチズン電子株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:郷田 義弘)は、革新的な回路技術を用いたAC駆動回路内蔵型の照明用LEDモジュール「LMC10Bシリーズ」を開発しました。当社のコアビジネスであるLEDパッケージ製品に加え、市場からの要望が多いモジュール製品等のソリューションを積極的に展開します。
本製品は、3月8日より開催される「ライティング・フェア2011」(東京)の当社展示ブースにて、デモンストレーションをご覧いただけます。

AC駆動回路内蔵型 照明用LEDモジュール(色温度:3000Kタイプ)

製品名:AC駆動回路内蔵型 照明用LEDモジュール LMC10Bシリーズ(1000lm)
駆動条件:AC220~240V(アジア・欧州地区仕様)
色温度:3000K,4000K 欧州CEマーキング対応予定
量産予定:2011年4月

開発の背景

LED電球等の普及により、注目を集めているLED照明ですが、通常、LEDはDC(直流)で駆動させるため、一般電源であるAC(交流)の電源を用いる場合には、ACをDCに変換するDC電源回路が別途必要となります。このため、DC電源駆動型は、「複雑な回路で部品点数が多くなる」、「電気的なノイズが発生しやすい」等の課題があります。

一方、AC電源駆動型LEDは、他社で既に製品化されておりますが、これらは駆動回路が簡略なため、機器の小型化が容易であるものの、DC電源駆動型と比べて、「目に見えない微小なレベルの非点灯状態が発生し、効率を悪くする」という課題があります。

LED照明は、上記の駆動方式や放熱性など、取り扱いの難しさから、新規参入ができない中小器具メーカーも多く、モジュール化の要望が高まっています。そこで当社では、コアビジネスであるLEDパッケージに、駆動回路、レンズなどを加えたLEDモジュールを開発しました。

本製品は、LEDの駆動回路に革新的な方式(SCD方式※1)を採用することで、AC電源からの直接駆動が可能となり、DC電源回路が不要で小型化・薄型化を実現しました。さらに、従来のAC駆動型に比べ、非点灯状態が低減され、大幅な効率アップを実現しています。
本製品にヒートシンク(放熱器)やカバーを取り付けるだけで、ダウンライトやスポットライトとして使用できます。今後は、蛍光灯タイプのライン型モジュール等にもバリエーションを広げ、「より使いやすい」LEDモジュールを提案することにより、LED照明器具メーカーの開発期間と開発コストの削減に大いに貢献します。

主な特長

主な仕様

※1 SCD方式: Selective Current Diversion方式の略。本技術は米国Once Innovations, Inc.社により開発された駆動回路の新方式であり、弊社はOnce Innovations, Inc.社とライセンス契約を締結しています。

※2 AC電源が50Hzの場合は100周期/秒、60Hzの場合は120周期/秒の繰り返しとなります。

※3 2011年3月発表時点当社調べ

CITILED LED Module
「CITILED LED Module」とは、シチズン電子製の照明用LEDモジュールのブランド名です。
CITILEDはシチズン電子株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせ先
シチズン電子株式会社
営業本部 第二営業部
ライティング営業課
TEL 03-3493-2744(直)
MAIL inquiry@ce.citizen.co.jp
報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンホールディングス株式会社
経営企画部 広報課
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズン電子株式会社
照明用LEDサイト