CITIZEN

CITIZEN RECRUITING SITE

  • TOP
  • MESSAGE
  • PROFILE
  • STYLE
  • STORY
  • INFO
  • Q&Amp;A
style
  • デザイン
  • STYLE デザイナー
  • マーケティング
  • STYLE マーケティング・企画
  • カスタマー
  • STYLE カスタマーサービス
  • 営業
  • STYLE 営業/国内営業
  • STYLE 営業/海外営業
  • 開発
  • STYLE 開発・設計/機構設計
  • STYLE 開発・設計/外装開発
  • STYLE 開発・設計/先行開発
  • 生産技術
  • STYLE 生産技術/製品化技術
  • STYLE 生産技術/量産化技術
  • 生産管理
  • STYLE 生産管理
  • 管理スタッフ
  • STYLE 管理スタッフ
  • 研究開発
  • STYLE 研究開発
三浦紗葵 研究開発 2013年度

中央開発として未来の製品に繋がる技術を生み出す。

work
 私は学生時代、応用化学を専攻し、分光測定の装置開発を行っていました。その研究活動からものを作ることの面白さを知り、メーカーへの就職を希望。せっかくなら人生に付加価値を与え、人の気持ちを豊かにできるモノを作りたいと思って時計業界を志望しました。入社の決め手はシチズンの人の魅力です。面接中に研究の話で盛り上がり、真摯に技術に向き合っている雰囲気に魅力を感じました。
 現在はシチズングループの中央開発部門に所属し、時計外装(ケースやバンドなど)に使用される金属材料の加工を研究しています。材料の特性を調べ、その特性を実現できる加工方法を検討していきます。大学の先生や他社の技術者とディスカッションする機会にも恵まれ、社内・社外の多様な価値観に刺激を受けながら、未来のシチズングループに必要なものは何かを見定め、掘り進めています。
 時計の形状は独特で、他の形ではうまくできても時計の形にすると所望の特性にならないこともあります。失敗やうまくいかないことが続くと、信念を持って目標を見続けることの難しさを感じますが、試作を重ねて少しずつ時計の形に近づいてくると嬉しく、実験結果が特許につながるとやりがいを感じます。この積み重ねの先にはきっと大きな達成感があると信じて取り組んでいます。
philosophy
 時計という小さな製品のなかには、加工や測定など沢山の技術が詰め込まれています。その技術を応用した加工機や電子部品などもあり、多方面の技術分野に関わることができるのは、シチズンならでは。若手にどんどんチャンスを与えてくれる文化があるので、自身の専攻分野を超えた挑戦をすることもできます。
 職場では自分の考えを求められることが多いため、何事にも意見を持って判断するようになりました。外部実験では判断する機会が沢山あるので、何故それが良いのか、自分の意見を裏付けるための物理を大切に考えます。理解が不十分で決断が遅れたり、間違えたりすることもありますが、きちんと説明してくれる上司や先輩がついてくれています。技術職として活躍されている女性先輩社員も多いので、仕事はもちろんプライベートの相談にも乗ってもらえるのが心強いところ。これからも上司・先輩の指導を受けながら知識を深めて技術者としての感覚を身に付けていきたいです。
philosophy
 時計は常に人と共にあります。人の生活環境の変化と共に時計の動作環境も広がっていますが、私は人と共にある時計を材料からアプローチしたいと考えています。そのためにまず成し遂げたいことは、自身の関わった技術を製品までつなげること。シチズングループの中央開発として、未来の製品につながる技術構築を目指します。
workflow TOP