CITIZEN

CITIZEN RECRUITING SITE

  • TOP
  • MESSAGE
  • PROFILE
  • STYLE
  • STORY
  • INFO
  • Q&Amp;A
style
  • デザイン
  • STYLE デザイナー
  • マーケティング
  • STYLE マーケティング・企画
  • カスタマー
  • STYLE カスタマーサービス
  • 営業
  • STYLE 営業/国内営業
  • STYLE 営業/海外営業
  • 開発
  • STYLE 開発・設計/機構設計
  • STYLE 開発・設計/外装開発
  • STYLE 開発・設計/先行開発
  • 生産技術
  • STYLE 生産技術/製品化技術
  • STYLE 生産技術/量産化技術
  • 生産管理
  • STYLE 生産管理
  • 管理スタッフ
  • STYLE 管理スタッフ
  • 研究開発
  • STYLE 研究開発
岡田直樹 管理スタッフ(経理)2012年度

専門知識を生かして会社経営に貢献する。そのためにももっと他部門を知りたい。

work
 学生時代はマーケティングのゼミに入り、仮説をアンケートと統計ソフトを元に検証し、論文を執筆しました。サークルではソフトテニスサークルに所属し、会計係を担当していました。シチズンを志望した理由は、社員の雰囲気が良く、また生活に身近なものを提供するメーカーで働きたいと思ったからです。
 現在の仕事内容は決算業務、販売部門の事業管理サポートと予算実績差異分析です。具体的には、担当している部門の原価計算やそれぞれの事業管理に役立つような資料の作成、予算と実績の差異の理由をヒアリングして会社に報告するといった業務です。難しいと感じるのは、幅広い知識が必要になること。販売部門ではどんなものを売っているか、どのような季節変動があるか、商流や調達はどうなっているかなどビジネス全体の概要がわかっていないと数字をうまく読み取ることができません。その分、さまざまな数字の分析を通じて「会社全体のPDCA(Plan Do Check Action)」を見ることができ、会社経営に近いところで仕事ができるのは大きなやりがいになっています。
philosophy
 シチズンはグループ内で様々な価格帯の時計・ムーブメント(時計の内部駆動装置)の販売を行っているのですが、扱う商品が高価格帯のモノか低価格帯のモノか、最終消費財か半製品かで営業スタイルや宣伝方法、在庫の持ち方などが異なります。一つの会社にいながらタイプの異なる事業を見られるのはシチズンで働いていて面白いと感じるところですね。また会社の風土として、本人の適性や希望になるべく沿って業務割振りや異動を考えてくれるところは魅力だと思います。
 シチズンに入って成長したと実感するのは、判断力がついたということ。私の入社後、会社では構造改革や会計システムの変更など、毎年のように大きな変化がありました。前例や正解がない中、限られた時間でいくつもの判断をして業務を回していった経験から少しずつ身に付いてきたのだと思います。今もトラブルが起きた際のリカバリーなど、その都度その都度判断をしていかなくてはならない場面が多くあるので、日々判断力が磨かれています。
philosophy
 今後は、会社の業績向上に役立てる経理マンになりたいと思っています。経理が作成する資料には、外部公表用の決算のためのものと内部管理用の現状把握・業績向上のためのものがありますが、より業績向上に寄与できる資料の作成、情報提供をしていきたいですね。そのためにも、もっと他部門と距離を縮めて、お互いどんな情報を持っているか、どんな情報が欲しいのか、自ら意見交換をしていきたいと思っています。
workflow TOP