CITIZEN

CITIZEN RECRUITING SITE

  • TOP
  • MESSAGE
  • PROFILE
  • STYLE
  • STORY
  • INFO
  • Q&A

STORY

  • プロローグ
  • プロジェクトスタート
  • 先進のコア技術を活かす
  • xCのメインモデルに

ここで紹介するのは、シチズンのレディス主力ブランド、xC(クロスシー)のチタニウムモデル開発ストーリーである。ケースやバンドの素材変更のどこに課題があるのか、マーケティングとしての勝算はどこにあったのか、技術的なチャレンジは…。 こうした背景にあるドラマの一つ一つを、今回のプロジェクトメンバーと、導入技術のエキスパートたちに語ってもらった。


※社員の所属及び部署名は商品開発当時のものです。

Chapter.04 xCのメインモデルに

サクセスストーリーはグローバルブランドへ。

- - - - - 前田の企画・構想、武田のコンセプトを形にしたデザインが、デュラテクトやH240の存在に支えられて、xCティタニアラインに結実した。その成否はどうだったのか。

工場から最初のロット(生産分)が上がって、実際にxCティタニアラインを手にとった時、本当に素晴らしい時計が誕生したと感動しました。企画担当の想いを、デザイナーや製造部門の仲間たちが真摯に受け止めてくれたことが、手に取るように分かったので、とても嬉しかったですね。同時にこれだけの製品なので、営業チーム、宣伝チームと協力して、必ずヒットさせなければならないと思い、緊張したのも覚えています。

当時の社内には、「この値段では難しいかもしれない」という声も少なくありませんでした。ところが2013年3月の発売以降、xCティタニアラインは、予測を大きく覆して売上を大きく伸ばしたのです。ティタニアライン導入前と比較して、平均単価2割増、クロスシーの15年度の売上高も前年比2割増見通しと好調に推移しています。私自身もこれほどヒットするとは想像もつかなかったですね。この商品を成功に導いた要因は、企画立案当初から営業統括、宣伝、販促の主要女性が集まり「女性の心」を徹底的に詰めたこと、そして同じ目標に向かって信念を持ち続けたこと、この2つではないでしょうか。

余談ですが、この成功でプロジェクトチームは社長賞をいただきました。

  • プロジェクトストーリー02 〜レディスウォッチの常識を覆す〜

- - - - - 現在、シチズンはグローバルで新たなレディースブランドを展開していく構想を進めている。そのコンセプト、並びに搭載技術について、xCティタニアラインの成功が大きく影響していることは言うまでもない。次のシチズンの動きから目が離せそうもない。

プロジェクトストーリー02 〜レディスウォッチの常識を覆す〜

PAGE TOP