シチズンの歩み

シチズンは時計事業で培った小型・精密・低省量電力技術をもとに、発展してきました。

創業期(1918~) 「国産時計をつくりたい」

  • 1918年
    前身である尚工舎時計研究所創立

    尚工舎正門

    尚工舎正門

    明治後半から大正にかけて、日本でようやく近代時計産業が芽生え始めた頃、時計金属商・山﨑龜吉は「懐中時計を国産化したい」という決意を胸に、1918年(大正7年)シチズン時計の前身である尚工舎時計研究所を設立しました。

  • 1924年
    懐中時計第1号完成

    第一号の懐中時計「CITIZEN」

    第一号の懐中時計「CITIZEN」

    欧米製工作機械を輸入し、部品用工作機械は自社で製造、さらに優れた技術者育成のために時計学校も開設するなど、精密な製品づくりに苦戦しながらも、悲願の懐中時計製作に成功しました。

  • 1930年
    シチズン時計株式会社創立

    淀橋工場

    淀橋工場

    シチズン初の製品は時の東京市長であった後藤新平伯爵によって「永く広く市民に愛されるように」と「CITIZEN」と名付けられ、その時計の名前は社名にも取り入れられました。

開拓期(1960~) 海外へ、新事業へ

  • 1960年
    アメリカ ブローバ社と輸出入契約締結

    国産初の本格的電子腕時計『エックスエイト』

    国産初の本格的電子腕時計『エックスエイト』

    腕時計貿易が自由化され、中国や米ブローバ社を通じてアメリカへの輸出を本格化しました。

  • 1961年
    工作機械の外販開始

    シンコムの原型機 卓上自動盤B-0型

    シンコムの原型機 卓上自動盤B-0型

    時計事業で培ったミクロン単位の精密加工技術や大量生産技術を生かし、工作機械の外販を開始。販路は海外へも拡大しました。

  • 1965年
    電動加算機「CA-10」の販売開始

    電動加算機CA-10

    電動加算機CA-10

    時計以外のものづくりを模索する中、事務機器分野へ進出。機械式の電卓機能を持つ電動加算機CA-10を開発しました。

  • 1973年
    シチズン初のクオーツ式腕時計『クリストロン』発売

    シチズン初のクオーツ式腕時計『クリストロン』

    シチズン初のクオーツ式腕時計『クリストロン』

    腕時計が機械式からクオーツ式への転換する過渡期、シチズン独自のレゾナント・モーターを採用した本格的クオーツ式ウオッチを発売開始。

  • 1976年
    水晶振動子の生産開始

    時計のクオーツ化から始まり、部品事業へと発展。時計の他、携帯電話やパソコン、自動車など幅広い分野の製品づくりを支えています。

  • 1976年
    世界初のアナログ式太陽電池ウオッチ『クリストロン ソーラーセル』発売

    エコ・ドライブの原点

    エコ・ドライブの原点

    文字板上に配置した太陽電池によって、光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組みを開発。シチズンの基幹技術、エコ・ドライブの原点です。

拡大期(1983~) 世界一へ、多角化へ

  • 1983年
    世界初、表面実装タイプチップLEDの量産に成功

    表面実装タイプのチップLEDランプ『CITILED』

    表面実装タイプのチップLEDランプ『CITILED』

    携帯電話の進化と共に、キー照明、バックライト、フラッシュと事業を急拡大しました。

  • 1986年
    主軸台移動形NC自動旋盤『L16』発売

    主軸台移動形NC自動旋盤『L16』発売

    主軸台移動形NC自動旋盤『L16』発売

    汎用性と操作性の高さが受け、ベストセラーに。

  • 1990年
    自動車部品の生産開始

    腕時計部品作りで40年以上の実績を持つ精密切削加工技術を生かし、生産を始めました。

  • 1993年
    世界初の多極受信型・アナログ多針式タイプ電波時計発売

    世界初、多極受信型電波時計

    世界初、多極受信型電波時計

    日・独・英の標準電波に対応。文字板の中央にアンテナを配した斬新なデザインで注目を集めました。

  • 2003年
    世界初アンテナ内蔵型フルメタルケースの電波時計

    裏蓋にも金属を用いたフルメタルケースを実現

    裏蓋にも金属を用いたフルメタルケースを実現

    通常の時計と全く同様にフルメタルのケースを採用しただけでなく、エコ・ドライブも搭載。時刻合わせ不要、定期的な電池交換不要の腕時計として、大ヒットモデルになりました。

  • 2004年
    QVGAカラーEVF『LV201』製品化

    QVGAカラーEVF『LV201』

    QVGAカラーEVF『LV201』

    強誘電液晶の高速応答性を生かし、高解像度、高精細、高輝度表示を実現。デジタルカメラなどに搭載されています。

変革期(2007~) 更に変化、更に進化

  • 2007年
    商号をシチズンホールディングス株式会社に変更

    グループ会社の合併、社名変更、完全子会社化と、グループ化に向けた体制整備を進める中、純粋持ち株会社へ移行しました。

  • 2008年
    米老舗時計会社、Bulova Corporation株式取得

    アメリカの歴史ある著名ブランドであり、正統派で完成度の高い時計として人気を集めるBulovaブランドを持つBulova Corporationの株式を取得しました。

  • 2008年
    工作機械メーカー株式会社ミヤノを連結子会社化

    ミヤノ社の主軸台固定形NC自動旋盤

    ミヤノ社の主軸台固定形NC自動旋盤

    同じ工作機械メーカーながら、シチズンとは逆に太く短いものの加工を行う、主軸台固定形自動旋盤の製造を得意とするミヤノ社を連結子会社化。

  • 2011年
    世界初、人工衛星から時刻情報を受信する光発電時計 「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」発売

    革新的な技術と、美の象徴であるデザインを融合

    革新的な技術と、美の象徴であるデザインを融合

    ムーブメントに内蔵されたアンテナが、人工衛星から送信される時刻情報を受信。その受信情報に基づき時刻、カレンダーの自動修正を行います。

  • 2011年
    LEDのトップメーカー日亜化学工業と資本・業務提携

    世界初の大光量を実現した照明用LEDもラインナップ

    世界初の大光量を実現した照明用LEDもラインナップ

    顧客ニーズの多様化が進むLED市場において、更なる協力関係を築くことにより、世界市場での事業拡大を目指します。

  • 2012年
    スイス高級機械式腕時計メーカーを傘下に持つProthor Holding 株式取得

    機械式ムーブメントや部品の製造において業界屈指の会社であるLa Joux-Perret SA(ラ・ジュー・ペレ社)等を傘下に持つホールディングカンパニー 、プロサー社の株式を取得しました。

  • 2014年
    NC自動旋盤累計出荷10万台達成

    初号機発売から43年2ヶ月を経て達成

    初号機発売から43年2ヶ月を経て達成

    Cincomブランド及び、Miyanoブランドを合わせたNC自動旋盤累計出荷台数10万台を達成しました。

  • 2016年
    スイス高級腕時計メーカーFrederique Constant Group 株式取得

    Frederique Constant、Alpina、DeMonacoの各ブランドを保有するスイス高級腕時計メーカー、フレデリック・コンスタント社の株式を取得しました。

  • 2016年
    薄さ1.00mmのムーブメントを搭載、世界最薄エコ・ドライブウオッチ「エコ・ドライブ ワン」発売

    初号機発売から43年2ヶ月を経て達成

    光発電時計の発売40周年を記念したフラッグシップモデルとして、薄さ1.00mmのムーブメントを搭載し、ケース厚は2.98mmを実現した世界最薄のアナログ式光発電時計を発売しました。

  • 2016年
    事業持株会社体制に移行

    「グループ成長の核」である時計事業を営む事業持株会社へ移行。商号をシチズン時計株式会社に変更しました。