シチズンの業績

2017年度(2018年3月期)第1四半期決算

2017年度第1四半期の当社の実績は、売上高726億円、営業利益38億円と、時計市場全体の需要低迷の影響とデバイス事業の競争激化等の影響により、減収減益となりました。

時計事業は、一部地域で回復の兆しはあるものの、世界的に販売の回復が遅れ減収となりましたが、一方営業利益については、固定費の削減とムーブメントの製品ミックス改善等により増益となりました。

工作機械事業は、幅広い業種で販売が堅調に推移し増収となりましたが、前年同期との商品販売構成の違いにより減益となった他、デバイス事業についてもスマートフォン向けスイッチ売上の落ち込み等により、減収減益となりました。

一方で、昨年同期にあった為替差損が今期は縮小したこと等により、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益は増益となりました。

2017年度上期及び通期連結業績予想については、前回から据え置きとしており、市況改善がみられる時計事業及び好調な受注が続く工作機械事業を中心に販売の挽回を図ってまいります。

なお、今期の業績見通しの為替レートにつきましては、US$1.00=110円、€1.00=120円を想定しております。

ピンチで拡大できます。

主要な経営指標

  • 売上高

    売上高
  • 営業利益・営業利益率

    営業利益・営業利益率
  • 純資産・自己資本当期純利益率(ROE)

    純資産・自己資本当期純利益率(ROE)