シチズンの業績

2017年度(2018年3月期)第3四半期決算

2017年度第3四半期の当社の実績は、売上高2,442億円、営業利益222億円と、売上は、時計事業が市場により差はあるものの、緩やかな回復傾向が継続した他、工作機械事業が好調に推移し、収益性も時計事業と工作機械事業の収益率が改善したことから、増収増益となりました。

時計事業は、北米と中国を中心に好調であったことから増収となり、営業利益についても収益性の改善により、増益となりました。

工作機械事業は、幅広い業種・地域で受注が好調であり、大幅な増収増益となりました。
一方で、デバイス事業については、スマートフォン向けスイッチ売上の落ち込み等により、減収減益となりました。

2017年度下期及び通期連結業績予想については、「為替差益」を計上した事に加え、当第3四半期に「投資有価証券売却益」等が発生したことから、経常利益を245億円から250億円へ、当期純利益を160億円から170億円へと上方修正しております。

なお、当会計年度の第4四半期以降の為替レートにつきましては、US$1.00=110円、EUR1.00=130円を想定しております。

ピンチで拡大できます。

主要な経営指標

  • 売上高

    売上高
  • 営業利益・営業利益率

    営業利益・営業利益率
  • 純資産・自己資本当期純利益率(ROE)

    純資産・自己資本当期純利益率(ROE)