受賞者全員の活動を公開! 受賞者アーカイブ

日本スピンドル製造株式会社 社員一同
JR福知山線での脱線事故現場で社員一体となり救援活動を実施
日本スピンドル製造株式会社 社員一同

日本スピンドル製造株式会社
齊藤 十内(さいとう じゅうない)社長
本社所在地:兵庫県

  • 2005年度受賞
  • 人命救助

受賞概要

JR福知山線での脱線事故現場にいち早くかけつけ全社員で被災者を救援・病院に搬送

05年4月25日の朝、JR福知山線で発生した脱線による大事故。そのとき、事故現場にいち早く駆けつけ、救助活動にあたったのが日本スピンドル製造の社長以下230人。同社の本社・工場が現場の目の前に位置していたこともあるが、対応は早かった。即ち、9時18分に事故発生、すぐに現場に駆けつけた社員などの連絡で、安全責任者から社長が報告を受け、会議を中断して現場に立ち惨状を確認したのが9時40分。即座に「工場の操業を停止、全社員による救援活動」を決断した。

業務命令を受けて、10時には230人の社員が現場に集結。自主的な判断で、4つほどのグループに分かれて行動を開始した。車輌から被災者を救援する、被災者を安全な場所まで誘導・搬送する、手当てをおこなう、病院へ移送するといった作業分担が自然におこなわれていた。

活動は12時ごろに終えたが、この間、会社の車輌20数台で近隣の病院に搬送した負傷者は91名。負傷者の手当てなどに必要な大量の水、タオル類を隣接の中央卸売市場の協力も得て迅速に用意できたのは阪神大震災の教訓からという。

受賞理由

現場にいた地元民・各メディアも称賛を贈った社長の素早い判断と、全社員の迅速な対応

この事故ではレスキュー隊や警察などに交じって救助に加わった地元民も多いと聞くが、社長の決断に沿って会社ぐるみで手際よく行動したこの会社の一体感と作業ぶりは、現場を目撃した人から称賛の声として聞かれる。救助に駆けつけた多くの市民の代表として表したい。

受賞コメント

今回の表彰は、思いもかけぬことであり社員一同光栄に思うと同時に戸惑いも感じる次第です。ご遺族の皆さまの深いお悲しみと今なお心身の傷癒えぬ負傷者の皆さまのことを思いますと心が痛みますが、当社の救助活動への皆さま方のご評価を粛々と受け止め、救助に当たられた皆さまの代表として拝受させて頂く次第です。今後は、この事故を風化させることなく、安全・無災害活動を一層徹底するとともに、本業の業績向上に邁進する所存です。今後ともご指導ご支援のほど宜しくお願いします。

受賞者の活動を紹介 ウェブマガジン
ページの先頭に戻る