受賞者全員の活動を公開! 受賞者アーカイブ

宇佐美 松恵さん
1万枚を超える座布団を手作りし、日本はもちろん、アフリカまで送る
宇佐美 松恵さん

宇佐美 松恵さん/茨城県出身。

  • 1993年度受賞
  • 社会貢献

受賞概要

交番へ手作り座布団を送ったのをきっかけに、幼稚園や福祉施設などに送り続ける

1967年から現在まで26年余の間に1万枚を超える手作りの座布団を老人ホームや幼稚園などに贈り続け、贈り先は国内各地から遠くタンザニアまで広がっている。

故郷の茨城県から次女夫婦と同居するため上京したおり、立ち寄った駅前交番に座布団がなかったことから、手作りして贈ったのがきっかけ。

受賞理由

年金からお金を工面しながらの純粋な行為と、人々のために尽くしてきた時間の重み

不要になった古い布団を譲り受け、長持ちするよう、綿が偏らないよう工夫しながら、丹念に縫う。布団を譲ってくれた人へのお礼や、座布団を椅子に付けるゴムひもの代金は、年金の中から工面している。自分のできることをするといったおばあちゃんらしい純粋な行為で、26年という時間の重みもすばらしい。

ページの先頭に戻る