受賞者全員の活動を公開! 受賞者アーカイブ

清水 ルイーズさん
日本で出産を迎える在日外国人に寄り添い、病院紹介や通訳などの世話を続けている
清水 ルイーズさん

清水 ルイーズさん/米国人。産前教育家。

  • 1992年度受賞
  • 社会貢献

受賞概要

異国での出産という自らの経験を原点に、妊婦さんの通訳や病院紹介に日々奮闘

日本社会にあって20年間、「お産と医療」というテーマを通じて、在日外国人のためのよき相談相手になっている。

1972年に自ら日本で出産を体験したことが原点で、母子別室といった日本の産院の慣習や、外国語の分からない病院など、種々のギャップとのはざまで、病院紹介や通訳などの世話を続けている。

受賞理由

外国人の出産問題などに正面から向き合い、ボランティア活動を続ける志と行動

医療体制の異なる外国での出産・病気といった事態は、誰もが頭を痛める問題。

日本では、この辺りの情報提供や支援体制が確立していない。

そうした欠落しているテーマに着目、異国の地で20年間もボランティアとして支援活動を継続してきたことは、いま日本で最も必要とされている国際化の実践の好例といえる。

ページの先頭に戻る